デロリアン

デロリアン

デロリアン・アルファ2、強い需要に応えて生産開始の可能性

デロリアンは、長い休止期間を経て正式に自動車事業に復帰し、その最初の仕事は300マイルのアルファ5を発売することです。しかし、このEVに続いて、プジョー・ルノー・ボルボのV6エンジンを搭載した初代DMC-12に呼応するように、内燃エンジンを搭載した車が登場する可能性もある。
デロリアン

デロリアンα5のウォークアラウンドビデオが公開

デロリアンは今年初めにα5を公開し、短命に終わったアイコンのブランドを復活させた。数カ月前にデビューしたEVですが、先週、ペブルビーチで一般公開されました。YouTuberのSupercar Blondieは、このクルマを間近で見て、そのエキサイティングなデザインの特徴を強調するウォークアラウンドビデオを制作しました。
デロリアン

デロリアン、2024年型アルファ5プラズマテイルとバハをテーマにした2040年型オメガ・コンセプトを発表

ペブルビーチでプロトタイプのAlpha5を公開し、1:4スケールの架空の過去のトリオのコンセプトに加え、デロリアンはさらに2つのコンセプトを公開しました。2024 Alpha5 Plasmatailは、グランドツアラーのワゴンスタイルのバリエーションで、2040 Omegaは、ブランドの遠い未来を想像させる未来的なバハをイメージしたコンセプトである。
デロリアン

デロリアンα5がペブルビーチで一般公開される

5月にデロリアン・アルファ5が初めて公開されたとき、懐疑的な見方があったとは言いません。しかし、8月のペブルビーチで、デロリアンは本当に実車でカムバックすることができるのだろうか?その答えは「イエス」です。
デロリアン

デロリアン、数十年にわたるフィクションの進化を表現した3つのコンセプトを公開

デロリアンα5が登場しました。5月末にデビューし、300マイルの航続距離と電気パワートレインによる素晴らしいパフォーマンスを約束しました。88台しか生産されないが、さらに多くのデロリアン・モデルが登場するのだろうか?
デロリアン

デロリアン「アルファ5」、航続距離300マイルの電気クーペとして公開

デロリアンが正式に復活し、新型Alpha5で電気自動車に乗り換え、未来を取り込む準備が整いました。そのインスピレーションの源である象徴的なDMC-12と同様に、このモデルもまた、イタルデザインによってガルウィングドアを備えたスタイリッシュなクーペの形をとっています。上開き式の巨大なドアやリアガラスのルーバーなど、過去のデザインを踏襲しながらも、現代的なデザインに仕上げています。
デロリアン

新型デロリアンのデビューが前倒しされ、5月31日に決定

デロリアンのティーザー・キャンペーンは、4月1日に暗号のように始まって以来、このクルマのことはあまり明らかにされていない。8月18日のペブルビーチでのデビューまで、その姿を見ることはできない予定でしたが、デロリアンは今月にそれを早めました。新型デロリアンEVolvedは、5月31日にその姿を現す。デロリアン・モーター・カンパニーは先週、Twitterでこの発表を行った。
デロリアン

デロリアンEVolved、ルーバーとワイドなライトバーを見せる新ティーザー映像公開

生まれ変わったデロリアンの新鮮なティーザーが公開されました。生まれ変わったDMCが、新型EVのショートクリップをソーシャルメディアに公開しました。ItaldesignがスタイリングしたEVolvedは、そのインスピレーションの源であるジョルジェット・ジウジアーロが描いたDMC-12に似たルーバーを誇示しています。
デロリアン

デロリアン、8月18日のデビューに先駆け、新型電動式「EVolved」の画像を初公開

デロリアンは、バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作で有名になったオリジナルのガルウィング・モデルからインスピレーションを得た電気スポーツカー、EVolvedの最初の画像(トリミングされているとはいえ、おそらくデジタル画像)を公開し、その存在を大いにアピールしています。
デロリアン

4月1日に掲載された新型デロリアンのティーザー画像は本物か?

もしマーティ・マクフライがここにいたら、デロリアン・モーター・カンパニーのこのティーザー画像は重いと言うだろう。ドク・ブラウンがここにいたら、まあ、なんと言うかはわかるだろう。この極端にぼやけた画像を見て言えることは......はぁ?
デロリアン

新型デロリアン「EVolved」を先行公開、電動DMC-12をモダンにしたような外観に

デロリアンは、2022年にデビュー予定の同社初のEVのティーザーを公開しました。ハッシュタグ欄で「DeLorean EVolved」と呼ばれる新型車は、ガルウィングドアを採用し、80年代前半に登場した象徴的な「DMC-12」を現代風にアレンジしたような外観をしています。
タイトルとURLをコピーしました