ビッグキドニーグリルの時代に? BMW コンセプト4

スポンサーリンク
BMW(ミニ)

新時代のBMWデザインコンセプト

フランクフルトモーターショー2019にて、BMWは次世代M3、M4を示唆するコンセプトモデル「コンセプト4(Concept 4)」を発表しました。

そのデザインの特徴は、一目見てわかるようにBMWのデザインの代名詞である「キドニーグリル」を大型化しているところです。最近は、どんどん大型化している傾向でしたが、ここまで上下に引き伸ばされたのは、初になりますね。アウディの「シングルフレームグリル」ほどの大きさです。

海外のメディアによっては、「ダブルキドニーグリル」を言ったりしてますね。

賛否両論ありそうですが、いままで保守的とされてきたBMWのデザインが攻めてきた印象です。

おそらくのデザインスタディが、次期3シリーズやM3などに影響されるのでしょう。

コンセプトモデルの写真を見ていきましょう。

 

【関連記事】日本発売を開始 BMW 新型1シリーズ 2019 写真・動画情報 FRからFFへ。

 

オフィシャル写真

細く横長のヘッドライトと対照的に、縦に長くなったフロントグリル

横からのシルエットは美しいですね。

リアは割とおとなしいデザインに。

 

オフィシャル動画

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました