DS 9 2022 写真・動画・スペック・情報

スポンサーリンク
DS

DSのフラッグシップセダン「DS9」

DSは、プジョー508Lをベースにデザインされたラグジュアリーサルーン「DS9」が発表されました。

「DS8」という名前で発表されると予想されていましたが、「DS9」になります。

プラグインハイブリッドがメインのパワートレイン(225HPと360HP)になります。

2020年3月のジュネーブモーターショーにてお披露目される予定です。

 

主なスペック

DS 9 2021 写真・動画情報 情報更新日:2020年2月25日:

サイズ

全長:4,933mm

全幅:1,855mm

高さ:1,468mm

ホイールベース:2,895mm

オフィシャル写真

DS 9 2021 写真・動画情報 情報更新日:2021年6月3日:

DS 7 CROSSBACK、DS 3 CROSSBACKに続く、フランスの新しいプレミアムブランドのラインナップを代表する大型でスタイリッシュなサルーンである。DS 9では、DS Automobilesは、グローバルなビジョンを持って、その専門性、デザイン、洗練性、技術を強調しています。

 

これらのエキサイティングな特徴を持つDS 9は、伝統、卓越したノウハウ、そして最先端技術の完璧な融合を表現しています。DS 9は、クルマにまつわるフランスの卓越性を再発見するための招待状です。

 

洗練されたシルエットによるエレガンス

 

 

全長4.93メートル、全幅1.85メートル、直径690mmの大径ホイール/タイヤを備えたDS 9は、同クラスの他のサルーンよりも印象的です。新バージョンのEMP2(Efficient Modular Platform 2)アーキテクチャーを採用し、これまでのサルーンでは採用されていなかったロングホイールベースを採用することで、後部座席のスペースを大きく確保しています。

 

 

デザインは、急勾配のリアウインドウを持つファストバックスタイルの流麗なシルエットとなっています。

 

 

3ボックスサルーンであるDS 9は、DS Automobilesのデザイン言語を継承しており、DS WINGSを配した表情豊かなフロントフェイス、パラメトリックデザインのグリルには立体的なダイヤモンド効果が施され、個性を演出しています。ボンネットには、「Clous de Paris」と呼ばれるサーベルが取り付けられていますが、これはDSのインテリアの特徴であり、コックピット以外で使用されるのは初めてのことです。

 

 

また、1955年に発売されたオリジナルのDSにちなんで、DS 9ではルーフの外周に円錐形の形状を採用しています。伝説のサルーンからインスピレーションを得たこの円錐形は、DS 9の存在感を示す真新しいテールライトに生まれ変わりました。

 

 

切れ目のないラインの流動性は、グリルからボンネット、ウィンドスクリーン、ルーフ、トランクリッドへと途切れることなく流れる輪郭によって表現されています。サイドは滑らかで、フロントヘッドライトからテールライトまで張りのあるラインで構成されています。このキャラクターは、ボディと同色のフラッシュフィッティングドアハンドルや、エレガンスの力強さを強調する2トーンのブラックルーフによって強調されています。

リアにおいても、あらゆる特徴をひとつの表現に統合したいという思いが込められています。リヤウイング、バッジ、トランクリッドが同じ流動性でつながっています。そこに埋め込まれた、鱗のような効果を持つ彫りの深いライトがコントラストを生み出し、ドラマチックな立体感を演出しています。このライトは、1930年代のフランスの偉大なコーチビルダーのデザイン要素に敬意を表して、横方向のサーベルで強調されています。エレガントな薄さの第3のブレーキランプは、リアをよりワイドに見せ、リアウィンドウの視覚的効果を高めています。

 

E-TENSE:最高360馬力のハイブリッドのパワーと快適性

DS 9にはまず、新しいE-TENSEプラグインハイブリッドパワートレインが搭載されます。このパワートレインは、PureTechターボチャージャー付きガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたもので、最高出力225psを発揮し、11.9kWhのバッテリーにより、ゼロエミッション(WLTP)モードで25~31マイル(40~50km)の走行が可能です。

 

 

電気モーターは、8速オートマチックギアボックスを介して、最大出力80kW(110馬力)、320Nmを発揮します。この電気モーターは、停止状態からの発進、任意の速度での加速、84mph(135kph)までのゼロエミッションモードでの走行に使用されます。エレクトリックモードは起動時に常に自動的に選択され、効率を最大限に高めます。また、ハイブリッドモードでは、状況に応じて100%電気自動車、100%ガソリン自動車、またはその2つを組み合わせて走行するなど、異なるエネルギーを自動的に制御するように設計されています。このモードでは、乗員はこの変化にほとんど気づきません。E-TENSEのスポーツモードは、アクセルペダル、ギアボックス、ステアリング、アクティブサスペンションのマッピングを調整することで、内燃機関と電気モーターを組み合わせて得られるパワーを最大限に引き出します。このモードは、ドライバーの楽しみとダイナミクスを向上させ、安心して運転することができます。

 

 

DS 9は、減速時やブレーキ時にバッテリーを再充電するエネルギー回収システムを採用しており、ギアセレクターを戻すと「B」と表示されるブレーキ機能が強化されています。さらに、E-Save機能は、LEVエリアや街の中心部に行くことが分かっている場合など、ゼロエミッションモード(複数のレベルの中から選択可能)で走行する際に、常に選択されたレベルのバッテリーを蓄えておくことを保証します。また、7.4kWのオンボード充電器により、自宅や公共の充電ポイントから標準付属のケーブルを使って1時間30分で充電することができます。

 

【参照】https://www.netcarshow.com/ds/2021-9/1600×1200/wallpaper_8f.htm

海外レビュー動画

DS 9 2021 写真・動画情報 情報更新日:2021年6月3日:

オフィシャル写真

DS 9 2021 写真・動画情報 情報更新日:2020年2月25日:

オフィシャル動画

DS 9 2021 写真・動画情報 情報更新日:2020年2月25日:

コメント

タイトルとURLをコピーしました