フォード F-150 ライトニング EVピックアップトラック 2022 写真・動画・スペック・情報

フォード
スポンサーリンク

主なスペック:Extended-Range Batteryモデル

フォード F-150 ライトニング EVピックアップトラック 2022 情報更新日:2021年5月20日:

全長:5,910mm

全幅:2,030mm

全高:2,004mm

ホイールベース:3,695mm

最高出力:563hp

最大トルク:775ib.-ft.

巡行距離:約482km(300マイル)

 

オフィシャル動画:

フォード F-150 ライトニング EVピックアップトラック 2022 情報更新日:2021年5月20日:

フォード EVピックアップトラック F-150 ライトニング Ford F-150 Lightning

オフィシャル写真:

フォード F-150 ライトニング EVピックアップトラック 2022 情報更新日:2021年5月20日:

フォードは、新型の電気自動車「F-150ライトニング」を発表しました。

同社初の完全電気自動車ピックアップトラックとなります。

F-150ライトニングの価格は、商用車向けのベースモデルで39,974ドルからスタートし、最上級モデルでは約90,000ドルにまで。

F-150ライトニングにエクステンデッド・レンジ・バッテリーパックを搭載した場合、0-60 mph加速は4秒台半ば、デュアルモーターの組み合わせで推定563馬力、775 lb-ftのトルクを発揮されます。

また、標準仕様のバッテリーを搭載したモデルは、デュアルモーターにより426馬力と775lb-ftのトルクを発揮します。

 

新型ライトニングは、Fシリーズのトラックとしては初めて独立したリアサスペンションを採用し、バネ下重量を大幅に軽減することで、ハンドリングと快適性のレベルを向上させています。

最大積載量は2,000ポンド、最大牽引力は10,000ポンドとなっています。

リチウムイオン電池は2種類用意されており、エントリーモデルは航続距離230マイル、エクステンディッドレンジモデルは航続距離300マイル(EPA推定値)を目標としています。フォードによると、後者はこれまでに提供してきたバッテリーパックの中で最大のものだそうですが、正確な容量は明らかにされていません。

 

電気自動車のF-150は、どちらのバッテリーパックを選択するかによって、搭載されるAC充電器が異なります。スタンダードレンジバッテリーを搭載したトラックには11.3kWのシングル充電器が、エクステンデッドレンジバッテリーを搭載したモデルには最大19.2kWのデュアル充電器が搭載され、SAE充電規格の限界まで最速の充電時間を提供できるように設計されています。

 

標準レンジのバッテリーパックを搭載したF-150ライトニングには、オプションで48Aのハウスチャージャーが用意され、約10時間でバッテリーを15%から100%まで充電することができます。大型のエクステンデッド・レンジ・バッテリーパックとデュアルチャージャーを搭載したモデルは、80Aのハウスチャージャーに接続することで、約8時間で15%から100%まで充電することができます。150kWの公共の急速充電器を使用した場合、F-150ライトニングは15%から80%までの充電に41分かかります。

 

F-150ライトニングは、新しいインテリジェント・バックアップ・パワー・システムに対応しており、停電時にバッテリーに蓄えられたエネルギーを家庭の電力供給に利用することができます。

このシステムは、最大9.6kW(F-150ハイブリッドは7.2kW)のエネルギーをオフボードで供給することができ、F-150ライトニングにエクステンデッド・レンジ・バッテリーパックを搭載した場合、フル充電で最大3日間の電力供給が可能となります。インテリジェント・バックアップ・パワー・システムは、フォードの80Aハウスチャージャーによって実現されます。また、テレビやスピーカー、電動のダートバイク、丸のこ、ジャックハンマーなど、あらゆるものに電源を供給できるよう、荷台、キャビン、トランクに最大11個のコンセントを装備しています。

バッテリーパックはF-150ライトニング専用に設計されており、冷却システムや複数の部品が強化されています。フォードは、F-150ライトニングのバッテリーが、重いトレーラーの牽引やオフロード走行などの過酷な走行条件に対応できるようにしたいと考えました。また、このバッテリーパックは車の寿命まで使えるように設計されているとのことです。

新型F-150ライトニングは、15.5インチの巨大な縦長のタッチスクリーン・ディスプレイで操作するフォードの最新インフォテインメント・システム「SYNC4A」を搭載した初めてのF-150でもあります。

このシステムは、自然な音声コントロール、クラウド接続のナビゲーション、ワイヤレスのApple CarPlay、ワイヤレスのAndroid Auto、さらには無線によるソフトウェア・アップデートなどの機能を備えています。

新型F-150ライトニングには、フォードのハンズフリーL2運転支援システム「BlueCruise」がオプションで用意されます。このシステムは、米国とカナダの事前に認定された10万マイル以上の分割された高速道路で有効になります。

【参照】https://www.carscoops.com/2021/05/2022-ford-f-150-lightning-strikes-ev-market-with-39k-price-tag-consider-us-thunderstruck-too/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました