マンソリー メルセデス・ベンツSクラスのチューンドモデル Mansory

メルセデス・ベンツ
スポンサーリンク

マンソリーは、新世代のメルセデス・ベンツSクラスのためにいくつかのアップグレードを考え出しましたが、彼らのいつものプロジェクトに比べて比較的控えめなものになっています。

 

このチューナーによれば、ドイツブランドのフラッグシップセダンのエクステリアは、「クラシックなSクラスの顧客」のニーズに合わせて、「意図的に控えめにしてある」という。

 

このチューナーによれば、ドイツブランドのフラッグシップセダンのエクステリアは、「クラシックなSクラスの顧客」のニーズに合わせて、「意図的に控えめにしてある」という。

 

 

 

 

変更点は、フロント、サイド、リアへのアドオン、新しいサイドミラーキャップ、トランクとルーフに取り付けられたスポイラー、その他いくつかの微調整で構成されており、これらはすべてカーボンファイバー製です。

 

 

 

フロントのLEDストリップはオプションで、アフターマーケットのホイールはフロントが10×22インチ、リアが10.5×22インチとなっています。

 

 

マンソリーは、2021年のSクラスのインテリアにさまざまなことを施すことができます。このように、オーナーの希望に応じて、さまざまな色合いに張り替えたり、レザーカーボン製のステアリングホイール、カーボンファイバー製のアップリケ、アルミニウム製のペダル、専用のフロアマットなどを追加したり、さまざまなパーツにロゴを入れたりすることができるのだ。

マンソリーは、S400dとS500の出力とトルクを、それぞれ395PS(389HP/291kW)と837Nm(617lb-ft)、526PS(519HP/387kW)と629Nm(464lb-ft)に向上させているのだ。

ディーゼルモデルは、純正比で65PS(64HP / 48kW)、137Nm(101lb-ft)アップし、100km/h到達までの時間が0.6秒短縮されて4.8秒となり、270km/hまで加速できるようになりました。ガソリンモデルは、91 PS(90 HP / 67 kW)と109 Nm(80 lb-ft)が追加され、0-100 km/h(0-62 mph)を4.3秒で走り、0.6秒短縮され、270 km/h(168 mph)まで加速することができます。

 

【参照】https://www.carscoops.com/2021/05/for-a-mansory-this-tuned-2021-mercedes-benz-s-class-is-refreshingly-restrained/

コメント

タイトルとURLをコピーしました