BMW i4 M50 2022 写真・動画・スペック・情報

BMW(ミニ)
スポンサーリンク

初のEVのMモデルは、536馬力(10秒のみ)で価格は6万5900ドル

BMWは本日、スポーティな「i4 M50」を発表しました。「i」と「M」のサブブランドを融合させたこのクルマは、Mカー史上初の電気自動車となります。少なくともドイツの自動車メーカーによると、私たちの耳には、MモデルというよりもMパフォーマンスのレシピのように聞こえます。

主なスペック

全長:4782mm

全幅:1851mm

全高:1447mm

ホイールベース:2865mm

システム最高出力:536hp

システム最大トルク:795Nm

トランスミッション:シングルスピード、AWD

0-100km/h加速:3.9秒

最高時速:225km/h

航続距離(EPA):約394km

 

 

フローズン・ポルティマオ・ブルーに仕上げられ、ブラックアウトされたトリムとカーボンファイバー製のアドオンを装備した2022年のBMW i4 M50は、Mブランドのビジュアルセンスとアグレッシブさを電気自動車の未来にもたらすことを約束します。

 

 

Mの他のラインナップに遅れを取らないように、255馬力のフロント・モーターと308馬力のリア・モーターを含む2つの電気モーターを1速のトランスミッションで制御し、合計で536馬力(544PS)の出力と586lb-ftのトルクを発揮します。

 

536馬力だが、約10秒間だけで、その後469馬力にダウン

 

ただし、これらのピーク値は、スポーツブースト機能によって一瞬だけ達成され、10秒強の間、システムの複合駆動力が67ps、トルクが8lb-ft増加することに注意してほしい。それ以外の時間は、総合出力が469ps、538lb-ftに低下します。

 

BMWによると、i4 M50は、標準のi4の5.7秒から3.9秒で時速62マイル(100km/h)に到達し、最高速度はベースのi4の118マイル(189km/h)から140マイル(225km/h)に達するとのことです。

 

i4 M50は、完全電動の全輪駆動とより強力なモーターに加え、個別に設定されたスプリングとショック、専用設計のアンチロールバー、フロントに追加されたスプリングストラットタワーブレースを備えたアダプティブMサスペンション、可変スポーツステアリング、Mスポーツブレーキ、19インチ標準Mライトアロイホイール(オプションで20インチ)とミックスサイズタイヤを装備しています。

 

 

BMWは、このバッテリーモジュールのおかげで、i4 M50の重心は3シリーズセダンよりも1.3インチ低くなったとしています。

バッテリーについて言えば、i4 M50は1回の充電で245マイル(約395km)の走行が可能です。

 

 

一方、車内にはiXと同じ巨大な曲面スクリーンが搭載されています。シフトスティックの近くにはドライビングモードのボタンがあり、常にパフォーマンスを確認することができます。

 

 

シートはM3やM4のものを流用していますが、色はやや落ち着いたものになっています。また、Mパッケージのi4には、ステアリングホイールやトリムなどにもスポーティなテイストが盛り込まれています。

 

 

通常のi4と同様に、M50モデルは2022年の第1四半期に米国で発売されます。価格は65,900ドルからで、これに995ドルのデスティネーションを加えた合計66,895ドルとなり、M3セダン(デスティネーション前で69,900ドル)よりも4,000ドルだけ安くなります。

【参照】https://www.carscoops.com/2021/06/bmw-unveils-its-first-electric-m-car-the-544-hp-i4-m50/

コメント

タイトルとURLをコピーしました