アストンマーティン、937馬力のハイブリッドV8を搭載したスーパーカー「ヴァルハラ」を公開

スポンサーリンク
アストンマーチン

主なスペック

アストンマーティン ヴァルハラ 2022 情報更新日:2021年7月16日:

乾燥重量:1,550 kg

エンジン:4.0リッター V8 ツインターボ +電気モーター

最高出力:750 PS at 7,200 rpm

2基のモーター出力(前後):204PS

システム最高出力:950 PS

システム最大トルク:1,000 Nm

トランスミッション:8速デュアルクラッチ、AWD

0-100 km/h加速:2.5秒

最高時速:330 km/h

モーター最高時速:130 km/h

モーターのみ巡行距離:15 km

オフィシャル写真・動画

アストンマーティン ヴァルハラ 2022 情報更新日:2021年7月16日:

アストンマーティンは、4.0リッターV8に2つの電気モーターを組み合わせ、合計で937馬力(950PS/698kW)を発揮するハイブリッド・ミッドエンジンスーパーカー「ヴァルハラ」のプロダクションバージョンをついに公開しました。

 

イギリスのブランドは、この車を「会社にとって大きな前進であり、変革の瞬間である」と呼んでいます。成長を続けるハイブリッドスーパーカーの仲間入りを果たしたヴァルハラは、アストンマーティンの運命を変えることになるでしょう。

 

 

アストンマーティンは、この新型車が技術的には驚異的なものであるにもかかわらず、様々なモーターによってドライバーを中心とした体験を提供するものであることを明言しています。まずは、メルセデスAMGから導入した4.0リッター・ツインターボ・フラットプレーンクランクV8エンジンです。このエンジンは、最高出力739ps(750PS/551kW)/7,200rpmを発揮し、リアアクスルを駆動します。

 

このエンジンは、各車軸に設置された1対の電気モーターによって駆動されます。このハイブリッドシステムは、合計で201ps(204PS/150kW)の出力を発揮します。電気だけで走行することも可能で、その場合はすべての動力が前輪に送られます。その他のシナリオでは、電気を両輪に分配することができます。

 

その電力は、アストンマーティン専用に開発された8速ダブルクラッチ・ギアボックスを介して供給されます。マクラーレンのアルチュラと同様、リバースギアはなく、電気モーターを使用します。また、リアアクスルには電子制御式リミテッド・スリップ・ディファレンシャルを採用し、ハンドリングを向上させています。

 

アストンマーティンによると、エンジンとモーターは、最適なパワーデリバリーのために、同時に異なるギアで走ることができます。これにより、英国の新型スーパーカーは、737 lb-ft(1000 Nm)のトルクを発揮します。0-62mph(100km/h)は2.5秒で、最高速度は217mph(330km/h)に設定されています。電気のみのモードでは、ヴァルハラの最高速度は時速80マイル(130km)に達しますが、それはバッテリーが許容する15kmの範囲内で行わなければなりません。そのため、アストンマーティンは、ニュルブルクリンクで6分30秒以内のラップタイムを目標にしています。

アストンマーティンは、乾燥重量で1,550kg(3,417ポンド)以下を目指しています。そのために、剛性と重量を最適化するために、カーボンファイバー製のチューブを中心に作られています。風洞実験で設計された新型ヴァルハラには、高度なアクティブ・エアロダイナミクスが採用されており、時速150マイル(241km)で600kgのダウンフォースを発生させます。

 

また、F1スタイルのプッシュロッド式フロントサスペンションには、インボードにマウントされたスプリングとダンパーが搭載され、コーナーを駆け抜けるアストンマーティンをサポートします。ヴァルハラには、マルチマチック可変スプリングレート・アダプティブ・スプール・バルブ・ダンパーが採用されており、乗り心地やパフォーマンスを調整することができます。また、スピードバンプを乗り越えるためにノーズを持ち上げることができるようになります。

また、ブレーキ・バイ・ワイヤ技術を採用したカーボン・セラミック・ブレーキも採用されます。そして、ミシュランがこのクルマのためにデザインした専用タイヤが、すべてのパッケージをまとめ上げます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました