ロールスロイス ファントム フェイスリフト 2023 写真・動画・スペック・情報

ロールスロイス
スポンサーリンク

主なトピック

ロールスロイス ファントム フェイスリフト 2023 情報更新日:2022年1月5日:

初の完全電気自動車であるスペクターと同様に、フェイスリフトされたファントムは2022年末か2023年の前半に正式に発売される見込み。

軽くカモフラージュされたプロトタイプには、フェイスリフトされたファントムの微妙なデザイン変更が隠されています。

新しいグラフィックを採用するグリルとヘッドライトを除き、すべてのボディパネルはほぼ変更されていません。

この後、バンパーにさらなるデザイン変更が加えられる可能性は否定できません。

また、リヤエンドは、市販モデルのようにエキゾーストパイプカバーが装着されていないものの、同じスタイルが保たれています(これは初期のプロトタイプの問題かもしれません)。

しかし、バンパー下に隠されたクワッドエキゾーストパイプは、これがICEエンジン搭載モデルであることを証明しており、おそらくV12が搭載されていると思わます。

現在、フラッグシップに搭載されている最高出力563ps(420kW/571PS)、最大トルク900Nm(664lb-ft)を発生する6.75リッターV12ツインターボは、フェイスリフトモデルでも継承されると予想されています。

このユニットは、排ガス規制を遵守し、多くの市場で間もなく実施されるICE禁止令まで、より長く生き続けるために、マイナーアップデートが行われる可能性があります。

現行ファントムは、カリナンやゴーストの下支えにもなっている全アルミニウム製スペースフレームアーキテクチャ「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」を導入して2017年にデビューし、まもなくロールス・ロイスの全ポートフォリオで採用される予定です。

このプラットフォームは電動化を念頭に開発されており、次期スペクターの発表でも指摘されたようにBEVに対応することが可能です。

【関連記事】ロールスロイス スペクター 2023 写真・動画・スペック・情報

【関連記事】ロールスロイス 新型ファントム 2019 写真・動画情報

 

開発車両の写真

ロールスロイス ファントム フェイスリフト 2023 情報更新日:2022年1月5日:

【参照】https://www.carscoops.com/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました