ジープ V8エンジンからPHEVインライン6エンジンへの移行を検討

ジープ

ダウンサイジングは必然である。パフォーマンスカーや高級車を主に販売している自動車メーカーでも、この流れと無縁ではありません。ジープもそうしたメーカーのひとつで、同ブランドの伝説的なV8はその寿命が近づいているようだ。これは、Jeepの幹部が開示した情報に基づく新しいレポートによると、です。

新型Grand Cherokee 4Xeプラグインハイブリッドの国際発表の際、JeepのグローバルプロダクトマーケティングチーフであるJeff Ellsworthは、V8の将来についてジャーナリストから質問されました。彼はCarsGuideに対し、電動化が進む可能性が高く、基本的に8気筒エンジンはある時点で廃止されることを意味すると語った。

ジープ ハリケーン ツインターボエンジン

V8の時代は終わったのか、という質問に対して、エルズワースは「イエスともノーとも言えないが、ツインターボと電動化で何ができるかは間違いない」と答えた。「私たちは(V8を)愛しています。排気量に代わるものはありませんが、それを実現できるテクノロジーは世の中に存在するのです。世界の特定の市場、特にアメリカではまだV8を残していますが、現実にはプラグインハイブリッドがよりプレミアムなパワートレインになっています。”

ジープの全く新しいハリケーン直列6気筒ツインターボエンジンは、ジープブランドの未来を示す非常に良いヒントになっています。この3.0リッターユニットは2種類の出力が用意されており、標準仕様では「以上」の400馬力(294kW)と450ポンドフィート(610ニュートンメートル)のトルク、高出力仕様では最大で500馬力(368kW)と575ポンドフィート(780Nm)のパワーが得られます。これはJeepの6.4リッターV8のいくつかのバージョンよりも高いが、それでもスーパーチャージャー付き6.2リッターV8の出力には及ばない。

これらのことは、次世代Grand Cherokee SRTが電動化を取り入れる可能性があることを意味するのだろうか?エルズワースは、今となってはその可能性が高いと思われるが、確たる確証を得るには至っていない。”私はそれを漏らす者ではありません。しかし、結局のところ、電化は進むべき道なのです。しかし、今は確認できることは何もない。”

【参照】https://www.motor1.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました