エレトレ

ロータス

ロータス タイプ133 電気セダン 600馬力以上でポルシェタイカンに対抗へ

ロータスの電気セダンが、同じくエンジンのないSUVに続いて気軽に話題になるとは、正直言って誰も思っていなかっただろう。ロータスがエリーゼやエキシージ、エヴォーラを何度も特別仕様にして、永遠に売り続けると思っていた人もいたでしょう。しかし、吉利汽車がこの会社を買収し、ボルボと同じ傘下に収めたことで、すべてが変わってしまった。
ロータス

ロータス、スポーツカーが生き残るためにはエレトレSUVの成功が必要であると述べる

モータースポーツレースとライトウェイトスポーツカーで名声を築いたロータスにとって、新型ロータス・エレトレは大きな出発点です。この新型クロスオーバーは、長年のロータスファンには馴染まないかもしれないが、その成功はロータスの将来にとって不可欠であり、特にその将来が新しいロータスのスポーツカーで満たされることを望むのであれば、なおさらである。
ロータス

ロータス・エレトレの重量は4,400LBS、900馬力バージョンも登場

ロータスがSUVの導入を発表して以来、そのクルマがノーフォークのスポーツカーよりもずっと重くなることは、誰もが知っていた。Geely(吉利汽車)傘下のブランドが、このハイライディング・モデルを純粋な電気自動車にすることを明らかにしたとき、それはさらに明白になった。ロータスのハイパーカー、エビヤの車重は1,680キログラムで、ロータスの基準ではかなり重い。
ロータス

ロータスのEV SUV「エレトレ」がデビュー 600馬力、軽さには言及せず

何年も待たされたロータスの電気クロスオーバー、エレトレがついに登場しました。ブランドによると、この言葉は東欧のいくつかの言語で「生命を得る」という意味だそうです。ロータスの伝統的なスポーツカーの精神を持ちながら、クロスオーバーのユーティリティを備えたモデルであることが意図されているそうです。
ロータス

ロータスの電気自動車「タイプ132」、車名は “エレトレ “に決定

3月29日の正式発表に先立ち、ロータスは、これまで「タイプ132」としか呼ばれていなかった同社初の電気自動車SUVの名称を明らかにしました。正式名称は「Eletre」となり、Eで始まる車名をつけるという英国の自動車メーカーの長年の伝統を引き継ぐことになります。
タイトルとURLをコピーしました