クライスラー

クライスラー

クライスラー・エアフロー・グラファイト・コンセプト、外観を変更し同じ400馬力のEVシステムでデビュー

クライスラーは、10年以内に完全な電気自動車に移行したいと考えている自動車ブランドの1つです。しかし、このアメリカの会社はまだ生産用のEVをラインナップしていませんが、2025年に大衆向けの初の電気自動車クライスラーが発売されれば、それも変わるでしょう。
クライスラー

クライスラー・エアフロー・コンセプトが新デザインに、グリルも一新を予告

クライスラーのポートフォリオはまばらで時代遅れですが、親会社のステランティスは2028年までにそれを変えようと計画しています。今年初めにデビューしたクライスラー・エアフロー・コンセプトは、同社が今後取り組む電動化を予見させるものだ。発売当時はすぐにでも生産できそうなクルマだったが、クライスラーは13日に開催されるニューヨークオートショーで、このコンセプトの「新しい姿を披露する」予定だ。
クライスラー

クライスラー300クーペはあなたの知らない2ドアモデルです

他のセダンや他のボディスタイルと同様に、クライスラー300はクロスオーバーやSUVに大きく水をあけられています。ホールデンの後を追うように、300は最近オーストラリアから撤退しましたが、北米を含む他の地域ではまだ販売されており、レンダリング...
クライスラー

クライスラーCEOがラインナップの拡大を発言、電気自動車300の後継車種を示唆

クライスラーは昨年、米国で115,004台しか売れず、販売台数は崖っぷちに立たされています。これは2005年よりも534,289台、2015年よりも209,842台も少ない数字だ。 これは本当に恐ろしい数字で、クライスラーが変わらなけ...
クライスラー

クライスラー・エアフロー・コンセプト、CES 2022でブランドのEVの未来をプレビュー

CES 2022は部分的にバーチャルなものになるかもしれませんが、自動車メーカーは近未来に向けた計画をトロトロと発表しています。クライスラー・エアフロー・コンセプトは、ステランティスのプレミアムアメリカンブランドの運命を予感させるもので...
タイトルとURLをコピーしました