ファントムブレーキ

テスラ

テスラのファントムブレーキの苦情がNHTSAの調査につながり40万台以上に影響が及ぶ可能性が浮上

米国道路交通安全局欠陥調査室は、いわゆる「ファントム・ブレーキ」事象について、テスラ社に対する予備評価を開始し、調査に向けて正式な一歩を踏み出しました。
テスラ

テスラのオートパイロットに新たな論争が巻き起こる “ファントムブレーキ “に不満を持つオーナーが続出

テスラとイーロン・マスクは、同社のEVがレベル4の完全な自律走行車の運転に対応できるようになったというニュースを聞いて、すべての問題を解決したと思うだろう。しかし、テスラ車に起きている奇妙で危険な可能性のある現象についての最新の報告により、アメリカ政府は介入をもくろんでいます。
タイトルとURLをコピーしました