マクラーレン

マクラーレン

新型マクラーレンGTS、パワーアップ、軽量化、そして実用性向上

マクラーレンの最新モデルが登場した。現行GTの後を継ぐように作られたこの新型スーパーカーは、重量が軽く、パワーがある。ここでは、この新しい "超軽量 "GTSについてより深く掘り下げてみよう。 マクラーレンGTは、その系譜の中でおそらく最も...
マクラーレン

マクラーレン、創立60周年を記念した特別なストライプとロゴを発表

2023年はまだ終わっていない。つまり、マクラーレンには60歳の誕生日を祝う時間がまだあるということだ。マクラーレンの誕生60周年を記念して、ウォーキングのすべてのシリーズ生産車が、ブランドの節目を強調するさまざまなビジュアル・チューンを施...
マクラーレン

マクラーレンGTスペシャルエディション、P1とF1にインスパイアされたカラーでデビュー

マクラーレンGTには、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズのパーソナライゼーション部門による英国限定の少量生産特別仕様車が4台設定されている。それぞれ2台ずつ、合計8台が限定生産される。それぞれ2台限定で、合計8台が生産される。 4色...
マクラーレン

マクラーレン750S スペクトラム、MSOが鮮やかなグラデーション塗装でデビュー

MSOによるマクラーレン750S Spectrum Themeは、ブランドのパーソナライゼーション部門が新しい塗装技術を披露するもの。この場合、ボディはスーパーカーの側面に沿って青い波が描かれている。このカラーオプションの価格は発表されてい...
マクラーレン

マクラーレンが新型スーパーカーを予告、720Sの後継となる可能性が高い

マクラーレンは、4月25日18時58分(日本時間23時58分)に「新しいベンチマークのスーパーカー」を発表する準備を進めています。 同社はこのモデルについて多くを語っていないが、車のリアエンドを垣間見ることができる短いティーザー映像を公開し...
マクラーレン

マクラーレンのSUV、公式に検討中、ただし時間がかかるとのこと

カイエンやマカンを出したポルシェに石を投げるのは簡単ですが、ツッフェンハウゼンの家が今どうなっているかを見てください。同社は繁栄しており、911に資金を供給し続け、新しい718を開発する手段を持っている。ランボルギーニは主にウルのおかげでこれまで以上に好調だし、フェラーリもプロサングエがすでに大ヒットしていることを考えると、素晴らしい未来が待っている。
マクラーレン

マクラーレンとロッキードが “未来型 “スーパーカーのデザインで共同開発

高速ジェット機も好きなクルマ好きにとって、これは夢のようなコラボレーションかもしれません。マクラーレン・オートモーティブは、世界最速の自動車を製造することですでに知られています。そのマクラーレンが、ロッキード・マーティン・スカンク・ワークスと組んで、未来のスーパーカーをデザインするための新しい方法を探っているのです。
マクラーレン

マクラーレン電気セダンを計画中、ハイパーカーは実現せず

マクラーレンには、セダンとSUVという、わざわざ生産する必要のない車種があります。しかし、それはマクラーレンの新しいリーダーシップによって変わろうとしている。
BMW(ミニ)

マクラーレンとBMWが電気自動車のスーパーカーとクロスオーバーを共同開発する可能性

BMWとマクラーレンは、電動スーパーカーと高性能電動クロスオーバーを発売する野心的な共同プロジェクトに乗り出すと言われています。 BMWとマクラーレンの関係再燃に関する報道は、もう何年も前から飛び交っており、一時はBMWがマクラーレン・オートモーティブを買収するのではないかとも言われていた。
BMW(ミニ)

BMWマクラーレンの電気スーパーカー計画はまだ進行中

マクラーレンF1は、間違いなく自動車産業の歴史上、最も偉大なコラボレーションのひとつです。現在もなお、史上最高のスーパーカーのひとつとみなされているこの2社が、新たな共同プロジェクトの可能性を検討しているという噂を耳にしたとき、私たちが興奮したのも理解できるのではないでしょうか。
マクラーレン

マクラーレン P1 スパイダー by ランサンテが発表、5台のみ生産予定

マクラーレンは2015年12月に「P1」の生産を終了したが、それから7年近く経った今、新バージョンのニュースが飛び込んできた。勿論、ウォーキングから直接ではなく、ランサンテからです。しかし、P1スパイダーの製作にあたり、イギリスのエンジニアリング会社はポール・ハウズと協力した。ポール・ハウズは、「三位一体」のデザインに直接関わった人物だ。
マクラーレン

マクラーレンがSUVを作るという噂が浮上

マクラーレンは、SUVは決して実現しないと何度も公言している。しかし、ウォーキングに本拠を置くこのブランドは、最終的にリアドアと竹馬の誘惑に勝てないという噂が絶えない。オートカーは、この10年の後半に実現し、そのモデルには燃焼エンジンが搭載されないと断言している。そう、イギリスの雑誌は、このハイト系マックはEVとしてのみ販売されると主張しているのです。