メルセデスAMG GT 63

メルセデス・ベンツ

メルセデスAMG、創立55周年記念最新モデルとして「GT 63 S E Performance F1 Edition」を欧州市場向けに発表

メルセデスAMGは創立55周年を迎え、その記念すべき最新モデルとして「GT 63 S E Performance F1 Edition」を欧州市場向けに発表しました。 F1からの技術移転により、これまでで最もパワフルな市販モデル」ということで、パワートレインはそのままに、23,800ユーロ(25,109ドル/20,104ポンド)のパッケージでオマージュを捧げているのだ。
メルセデス・ベンツ

次期メルセデスAMG GT 53、63のシェイクダウン走行を実施

昨年末、メルセデス・ベンツはSLロードスターをAMGブランドで復活させた。現在は「Mercedes-AMG SL」と名付けられ、2015年から2021年まで生産された「AMG GTロードスター」に事実上置き換わった。とはいえ、ハードトップ版にはGTの名が生きている。
メルセデス・ベンツ

2023年 メルセデスAMG GT 63とGT 63 S 4ドアのマイナーチェンジ

これは2023年のメルセデスAMG GT 63とGT 63 S 4ドアクーペで、目を細めないと変化に気づかないかもしれないが、アップグレードは確かに行われている。改良されたGT 4のラインナップは、今年後半に米国で発売される予定です。
メルセデス・ベンツ

リークされたデータ:メルセデスAMG GT 63 SE パフォーマンスは新種のグランドツアラーである

メルセデスAMGが、55年の歴史の中で最もパワフルな市販モデルを公開してから、4ヵ月以上が経過した。 メルセデスAMG GT 63 S E パフォーマンスは、トールのハンマーのように、シュトゥットガルトでは前例のないパワートレインを搭載し、無防備な一般市民の前に姿を現した。
タイトルとURLをコピーしました