ランドローバーディフェンダー

ランドローバー

ランドローバーディフェンダーにスーパーチャージャー付きV8とポルシェペイントのレストモッドが登場

E.C.D.オートモーティブデザインは、ランドローバーのレストアとその改良を専門に行う会社です。その最新作が、同社が「プロジェクト・ハットン」と呼ぶ、オーバーホール済みのディフェンダー110コンバーチブルだ。フェラーリやポルシェのテイストを取り入れた造りになっています。さらに、顧客が工場から購入できるものと比較して、大幅なパワーアップが図られています。
ランドローバー

ランドローバーディフェンダーに電動6×6モンスターピックアップが登場

ランドローバー・ディフェンダーは、少なくともデジタル形式では、6×6のトレンドに加わる最新のオフロード車です。UKバスタードというニックネームの架空のディフェンダーベースのコンセプトは、独立系デザイナーのフサイン・アルバガリによって制作され、リアベッドを備えた6輪車である以外に、完全な電気パワートレインを搭載することが想定されています。
ランドローバー

ランドローバーディフェンダーは500馬力のステルス型SUV

ランドローバーディフェンダーは、そのオフロード性能の高さで知られてきました。新型では、頑丈で飾り気のないSUVとしてのステータスはトーンダウンしたかもしれないが、ひとつの事実は変わらない--それは、ディフェンダーが非常に有能なオフロードのおもちゃであることだ。
ランドローバー

ランドローバーディフェンダーに505馬力を与え、24インチのホイールを装着したマンハート

マンハートは、Defender 110 P400 AWDをチューニングし、出力を高め、よりスポーティな外観に仕上げたDP 500(10台中2台目)を発表しました。昨年のDP 500に続き、今回のDP 500は、ドバイの顧客向けに少し変わった仕様になっています。
ランドローバー

今まで見た中で一番ボロボロのランドローバーディフェンダー

新型ランドローバー・ディフェンダーは、ある意味、伝説的な先代モデルをそのまま置き換えたわけではありません。そのことに異論を唱える人もいるかもしれないが、私たちの目には、このオフローダーの新しいイテレーションは、ディフェンダーがあるべき姿よりもはるかに高度で洗練された、ラグジュアリーなクルマに映るのだ。
ランドローバー

マンハートのランドローバーディフェンダーがハードコアに進化

新型ディフェンダーはランドローバーにとってかなりのヒット商品であることが証明され、よりパワフルでオフロード性能の高いモデルを徐々に増やしていっています。ディフェンダーにさらなる性能を求めるオーナーのために、マンハートはDP 450チューニングパッケージのプレビューを提供します。
タイトルとURLをコピーしました