e-Up!

フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン e-up!、ダチア・スプリングと戦うためにラインナップに復帰

フォルクスワーゲンは、2022年モデルでe-up!をラインナップに復活させる。同メーカーによると、納期が最大16カ月に上昇したため、2020年末に小型EVの販売を中止した。2021年になっても生産は継続され、滞貨を処理していましたが、今回、ドイツおよびヨーロッパの他の地域で、最終的に復活させることになったとのことです。
フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン e-Up! がエントリーレベルEVとして生産を再開?

フォルクスワーゲンは、安価なEVの需要が高まっていることと、次期ID.2が2025年までに登場しないことから、完全電気自動車のe-Upの生産を再開すると報じられています。 フォルクスワーゲンは、2020年にSkoda Citigoᵉ iVの兄弟車とともにe-Up!の生産を中止したが、より大きなバッテリーに更新したわずか1年後のことであった。ドイツのメディアは、このモデルが大量生産できるように設計されていなかったと報じている。
タイトルとURLをコピーしました