発売予定表

輸入車・発売予定表【外車・ドイツ車・日本導入・随時更新】

輸入車発売スケジュール:随時更新 外車(メルセデス・ベンツ、BMW、AUDI、フォルクスワーゲン、ポルシェ、ルノー、ジャガー、ボルボ)などの発表の予定日をまとめました。 海外での発表時期をまとめています。 随時このページを更新...
ジープ

2023 ジープ グラディエーター 、外装色にグレー/ブルーアールを追加

ジープは、2023年型グラディエーターのマイナーアップデートを終えていません。自動車メーカーは、モデルのパレットに初めてアールの外装色を追加しています。これは695ドルの追加料金で、現在注文可能です。
ランボルギーニ

次世代ハイブリッドV12パワートレインをテストするランボルギーニのミュールが目撃される

2011年にランボルギーニ・アヴェンタドールが発売されて以来、スーパーカー業界は大きく変化しています。 発売当時、6.5リッター自然吸気V12エンジンを搭載したミッドエンジンのスーパーカーは、市販車の中で最も速く、最もパワフルな車の一つでした。
フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン E-Golf、トリニティEVの延期を受け復活の可能性

フォルクスワーゲンe-Golfは、同ブランドが大衆向け電気自動車を作るための最初の本格的な取り組みの一つだった。ゼロエミッションのハッチバックの生産は2020年12月に終了し、ヴォルフスブルクに拠点を置く同社のIDファミリーは、電気自動車のゴルフに代わる間接的な存在として登場した。
アウディ

アウディ RS6 PerformanceとRS7 Performanceがパワーとトルクをアップしてデビュー

アウディは、2026年から電気自動車のみを導入することを公約していますが、古い内燃機関にはまだ寿命が残っています。RS6アバントとRS7スポーツバックのレベルアップのために、アウディはツインターボ4.0リッターエンジンのアップグレードバージョンを搭載した、よりホットなパフォーマンスモデルを導入します。
アストンマーチン

アストンマーチン、自動車ギャラリーを併設した高級住宅を日本に初公開

アストンマーティンは、さまざまな高級車を作るだけでなく、建築にも手を出しています。その最新作は、同社が日本で初めて手がけたビルです。東京・南青山にある。 4階建てのビルの外観は、アストンマーティンのデザイナーが地元の建築家と共同でつくり上げました。また、インテリアもアストンマーティンのチームが家具の選定も含めてデザインしました。
ランボルギーニ

ランボルギーニ 新型アヴェンタドール 2023 写真・動画・スペック・情報

ランボルギーニ・アヴェンタドールの後継機が登場予定。 現時点では厳重なカモフラージュにもかかわらず、先代モデルとはかなり異なっていることが分かります。
フェラーリ

ランボルギーニ・ウラカン・ステラートとポルシェ911ダカールのライバルとなるフェラーリSF90を想像してみた

先日、ポルシェ911ダカールやランボルギーニ・フラカン・ステラートが公開され、多くの人が自分の好きなスーパーカーがオフロード仕様になったらどんな風になるのだろうと思い始めているようです。その最新作が、オフロード・スーパーカーの条件をすべて満たしてデジタル・レンダリングされた、このフェラーリ SF90 ストラダーレです。
ブガッティ

ブガッティ ミストラル ロードスターが中東で鮮烈なデビューを飾る

ブガッティ・ミストラルは、今年初め、ペブルビーチでその姿を現した。納車は2024年のいつかまで始まらないので、このクルマはゆっくりと発売されることになります。この限定ハイパーカーは、サウジアラビアの首都にあるブガッティ・リヤドの新ショールームで開催される限定プレビューイベントに先立って、最近中東向けにデビューしました。しかし、ブガッティはすでに生産予定台数をすべて売り払っています。
テスラ

2024年 テスラ モデル3のフェイスリフト、さらに簡素化されたインテリアが登場

テスラは、セダン「モデル3」をより顧客にアピールし、生産コストを下げるために、アップデートの準備を進めています。更新モデルは「ハイランド」というコードネームで動いており、サイクル半ばのリフレッシュは2021年にモデルSとXに導入されたものと同様のものになる予定です。
メルセデス・ベンツ

メルセデスベンツ 新型CLEクラスクーペ 2023 写真・動画・スペック・情報

メルセデス・ベンツCLE-Classクーペを初めて捉えた新しいスパイ写真が公開されました。 新型CLEクーペは、新型Cクラスを支えるメルセデスのMRA-2プラットフォームに乗ることになる。
アウディ

アウディ A6 E-Tron 2023 写真・動画・スペック・情報

アウディは、ポルシェと共同開発したプレミアムプラットフォームエレクトリックアーキテクチャをA6 E-Tronの下支えとして採用します。 具体的なパワートレインの詳細は謎のままですが、コンセプトはデュアルモーター構成で470馬力(350キロワット)、590ポンドフィート(800ニュートンメートル)のトルクを発生させてデビューしました。
フェラーリ

1,000馬力超のV6ツインターボを搭載した「フェラーリ ビジョン グランツーリスモ」を公開

フェラーリは「ビジョン・グランツーリスモ」の流れに乗り、架空のクルマを発表しました。レトロフューチャーなスタイリングは、1960年代から1970年代にかけてのフェラーリのレーシングカー、330 P3や512 Sをモチーフにしています。
タイトルとURLをコピーしました