ランドローバー

ランドローバー

レンジローバーが未来型電気セダンをつくるとしたら?

セダンの市場は、もはや10年前のようにはいかないかもしれませんが、特に成長中のラグジュアリー市場やEV市場には、魅力的なモデルが数多く存在しています。このレンダリング画像は、メルセデス・ベンツEQS、Lucid Air、そして中国発の革新的なEVの仲間入りをする可能性のある、特に興味深いセダンを描いています。
ランドローバー

ランドローバー ディフェンダー 75周年記念限定車を発表

現在も生産され続けている長寿の象徴的なクルマは少ないが、ディフェンダーはそのひとつであることは間違いない。ランドローバーは1948年のアムステルダムモーターショーでシリーズIを発表しており、このオフローダーは来年75周年を迎えることになります。
ランドローバー

ランドローバーディフェンダーに電動6×6モンスターピックアップが登場

ランドローバー・ディフェンダーは、少なくともデジタル形式では、6×6のトレンドに加わる最新のオフロード車です。UKバスタードというニックネームの架空のディフェンダーベースのコンセプトは、独立系デザイナーのフサイン・アルバガリによって制作され、リアベッドを備えた6輪車である以外に、完全な電気パワートレインを搭載することが想定されています。
ランドローバー

2023年「レンジローバーSV カーメルエディション」デビュー、限定17台で生産開始

ランドローバーは昨年末、ホリデーシーズンを前に2023年型「レンジローバーSV」を公開した。見事なラグジュアリーSUVを披露したが、同社は「Carmel Edition」でさらにエクスクルーシブな仕様にする構えだ。SVビスポークが手がけたこの限定車は、内外装にエクスクルーシブなデザイン・タッチが施されています。
ランドローバー

2025年 ランドローバーディスカバリーは “本物のファミリーカー “になる

ランドローバーは今ディフェンダーとレンジローバーの3列シートを提供しています, 一部の人々は、ディスカバリーのためのポートフォリオにまだ余地があるかどうかを疑問視し始めている. ティエリBolloré, タタモーターズ傘下の英国ブランドのCEO, ディスコはここに滞在していると語った
ランドローバー

ランドローバー ディフェンダーSVR 2023 写真・動画・スペック・情報

ランドローバーはディフェンダーV8のSVR仕様の開発に取り組んでおり、ニュルブルクリンクを走行する姿をスパイカメラマンによってとらえられました。 このクルマには、500psを超えるツインターボV8が搭載される予定だが、600psという情報もある。
ランドローバー

ランドローバー 新型レンジローバースポーツ 2023 写真・動画・スペック・情報

新型レンジローバースポーツは、標準のレンジローバーと同様に、ICE、PHEV、EVのパワートレインを搭載できるランドローバーのMLA-Flexアーキテクチャをベースとしています。 先代と同様にオフロード性能に優れ、路上をより快適に走行できるはずで、フラッグシップのSVRバリエーションを含む、さまざまな装いで販売される予定です。
ジャガー

ジャガー・ランドローバー社の一部車種でシートベルトプリテンショナーの不具合が発生

アウディがシートベルトプリテンショナーの問題で「A3」と「S3」の多数のモデルをリコールした直後、ジャガー・ランドローバーは、同じくシートベルトプリテンショナーの問題で各種モデルのリコールを発令した。
ランドローバー

ランドローバー・クラシック、リエンジニアリングした「ディフェンダー・ワークス V8 トロフィーII」を発表 25台を限定生産

新型ディフェンダーにV8を押し込む一方で、より大きな3列シートの130バージョンを追加するなど、忙しい日々を送っているにもかかわらず、ランドローバーにはまだクラシックモデルをいじる時間があるようだ。オリジナルの箱型オフローダーは2016年に生産を終了したものの、昨年、ランドローバークラシック部門がワークスV8トロフィーというモデルで一時的に復活させた。
ランドローバー

ランドローバーディフェンダーは500馬力のステルス型SUV

ランドローバーディフェンダーは、そのオフロード性能の高さで知られてきました。新型では、頑丈で飾り気のないSUVとしてのステータスはトーンダウンしたかもしれないが、ひとつの事実は変わらない--それは、ディフェンダーが非常に有能なオフロードのおもちゃであることだ。
ランドローバー

レンジローバー ヴェラール フェイスリフト 2024 写真・動画・スペック・情報

2017年に登場したレンジローバー・ヴェラール、このミッドサイズのラグジュアリークロスオーバーがフェイスリフトされようとしています。 今回はミッドサイクルリフレッシュで、デザインはほとんど変わらないので、ランドローバーがパワートレインのラインアップを変更することはないと思われます。
ランドローバー

ランドローバーディフェンダーに505馬力を与え、24インチのホイールを装着したマンハート

マンハートは、Defender 110 P400 AWDをチューニングし、出力を高め、よりスポーティな外観に仕上げたDP 500(10台中2台目)を発表しました。昨年のDP 500に続き、今回のDP 500は、ドバイの顧客向けに少し変わった仕様になっています。
タイトルとURLをコピーしました