キャデラック・セダンのVシリーズが3車種揃い踏み CT4-V CT5-V CT6-V

スポンサーリンク
キャデラック

実はBMW並みに充実したラインアップを誇るキャデラック。日本市場にも本気になるか?

かつては、ATS、CTS、XTSだった名称を、それぞれCT-4、CT-5、CT-6に変更して整理したキャデラック。

各モデル同士のデザインの統一感もより強くなりました。

もともとヨーロッパの市場を意識していたこともあり、作りと走りは年々評価が高くなっているようです。

新たに発表されたCT-4も、ほぼBMW3シリーズを同じサイズ、見た目の質感も良いです。

キャデラックは、一時日本市場向けに右ハンドル車もラインアップしてましたが、最近は辞めてしまいました。

XT4、XT5などの比較的コンパクトなSUVもあることだし、今のだったら右ハンドルを出してもいいのではと思います。

もう一度マーケティングをやり直して、ド派手に宣伝してほしいですね。売れたらトランプ大統領も喜ぶだろうし(笑)

今回は、Vシリーズという高出力スポーツバージョンがそれぞれに揃いましたので、まとめて紹介していきます。

 

【関連記事】キャデラック XT4 2019 写真・動画情報

【関連記事】キャデラック XT5 2018 写真・動画情報

【関連記事】キャデラック 新型 XT6 2020 写真・動画情報

 

 CT4-V BlackwingとCT5-V Blackwingのティーザー動画

日本でのラインアップも充実してきているのに、右ハンドル仕様をそろそろ再設定してほしい今日この頃。

 

CT4-V

FRでサイズもコンパクト、ドイツ車とはちょっと変わった雰囲気で、人と同じものを持ちたくない人には良い一台です。

2.7リッターターボエンジンは、320馬力でかなり気持ちいいでしょうし、値段が気になりますが、注目の一台です。

オフィシャル写真

オフィシャル動画

主なスペック

【サイズ】

全長:4,756mm

全幅:1,815mm

全高:1,423mm

ホイールベース:2,775mm

【エンジン】

2.7リッター 直4 ターボエンジン

最高出力:320hp

最大トルク:500Nm

【トランスミッション】

10速オートマチック FR / AWD

 

CT5-V

メルセデスベンツのEクラスとほぼ同サイズで、3リッターのV6ターボモデル(355馬力)。

余裕のあるサイズで優雅さも感じるデザインです。

オフィシャル写真

オフィシャル動画

 

主なスペック

【サイズ】

全長:4,924mm

全幅:1,883mm

全高:1,452mm

ホイールベース:2,947mm

【エンジン】

3.0リッター V6 ターボエンジン

最高出力:355hp

最大トルク:542Nm

【トランスミッション】

10速オートマチック FR / AWD

 

CT6-V

全長5メートルを超えるFFベースのAWD。でも車幅が1,879mmと意外と大きくないので乗りやすいかも。

それでも迫力は、SクラスやA8なんかと比べても、遜色なさそうです。

4.2リッターV8エンジンは550馬力と強力なので、これも意外とドライバーズカーとしても楽しそうですね。

 

オフィシャル写真

オフィシャル動画

 

主なスペック

【サイズ】

全長:5,182mm

全幅:1,879mm

全高:1,472mm

ホイールベース:3,106mm

【エンジン】

4.2リッター V8 ターボエンジン

最高出力:550hp

【トランスミッション】

10速オートマチック AWD

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました