マセラティ 新型グランツーリスモ フォルゴレ 2023 写真・動画・スペック・情報 Maserati GranTurismo

マセラティ

主なトピック

マセラティは、次世代グラントゥーリズモの新しいティーザー写真を公開しました。

このテスト車のヘッドライトが最終的なものであるかどうかはまだわからないですが、MC20のヘッドライトに酷似しているのは確かです。

LEDヘッドライトのイエローマーカーは米国仕様であることを示し、外形はローノーズやベント付きボンネットなど、フェラーリ599GTBを彷彿とさせる。

フロントバンパーはカモフラージュがほとんどなくなり、丸みを帯びたトライデントグリルを囲むスポーティなインテークが見えます。

全体のシルエットは先代と似ていますが、より強調されたフェンダー、フラッシュドアハンドル、3つのスリットがよりスリムになったクラムシェルボンネットなどが違いを表しているようです。

後方には、スーパーカーMC20と同様の形状のLEDテールランプがあり、バンパー下部は完全に覆われておらず、ディフューザーとクワッドエキゾーストパイプが見えます。

このテスト車両には、MC20と同じ3.0リッターV6ツインターボが搭載され、最高出力621ps(463kW)、最大トルク538lb-ft(730Nm)を発生することが予想される。

この強力なV6エンジンに加え、グラントゥーリズモとグランカブリオの両モデルには、マセラティの電動化戦略に沿って、完全な電気自動車のバリエーションが用意される予定です。

マセラティは昨年11月に新型グラントゥーリズモを発表する予定でしたが、自動車業界を襲っているチップ不足のため、実現しませんでした。

その代わりに、今年前半にこのモデルを発表する予定です。

開発車両の写真6:エクステリア&インテリア

マセラティ 新型グランツーリスモ 2022 情報更新日:2022年6月22日:

【参照】https://www.motor1.com/

プロトタイプの写真

マセラティ 新型グランツーリスモ 2022 情報更新日:2022年4月11日:

ティザー写真

マセラティ 新型グランツーリスモ 2022 情報更新日:2022年3月18日:

開発車両の写真5

マセラティ 新型グランツーリスモ 2022 情報更新日:2022年3月15日:

【参照】https://www.motor1.com/

開発車両の写真4

マセラティ 新型グランツーリスモ 2022 情報更新日:2022年2月22日:

【参照】https://www.motor1.com/

開発車両の写真3

マセラティ 新型グランツーリスモ 2022 情報更新日:2022年2月12日:

【参照】https://www.motor1.com/

予想レンダリングCG

マセラティ 新型グランツーリスモ 2022 情報更新日:2021年9月30日:

【参照】https://www.carscoops.com/

開発車両の写真2

マセラティ 新型グランツーリスモ 2022 情報更新日:2021年6月18日:

【参照】https://www.motor.es/noticias/maserati-granturismo-2022-fotos-espia-202178907.html

 

開発車両の写真

マセラティ 新型グランツーリスモ 2022 情報更新日:2021年6月18日:

 

まだカモフラージュが濃いですが施されていますが、トップモデルであるMC20から多くのヒントを得て進化したフロントマスクが採用されています。幅広のグリル、筋肉質のエアインテーク、縦型のヘッドライトなどが特徴的です。

 

 

さらに後ろに下がると、流線型のボディワークとアグレッシブなサイドスカートが見えます。このモデルはまた、グラマラスなショルダーライン、ミニマルなドアハンドルを備えています。

 

 

このプロトタイプにはガソリンエンジンが搭載されているようですが、マセラティはグラントゥーリズモが “100%電気ソリューションを採用したブランド初の車 “になると述べています。

 

 

マセラティは詳細を明らかにしていませんが、昨年のMMXXでは、”BEV Invasion “の一環として、デザインを一新したグラントゥーリズモとグランカブリオを来年発表することを確認しました。これらの電気自動車は「Folgore(フォルゴレ)」と呼ばれ、800V技術と最大300kWの充電能力を備えています。

 

 

また、「2022年のEV」は、最高出力650ps(485kW / 659PS)、0-62mph(0-100km/h)2.5秒という「マセラティ史上最もパワフルな車」になるという。しかし、この数字はグラントゥーリズモ フォルゴレではなく、MC20 フォルゴレに属するものである可能性もあります。

グラントゥーリズモには、電動パワートレインのほかに、MC20のツインターボ3.0リッターV6エンジンをデチューンして搭載することが予想されている。このエンジンは、0-62 mph(0-100 km/h)を2.9秒以下で加速し、最高速度は202 mph(325 km/h)を超えます。

 

【参照】https://www.carscoops.com/2021/06/all-new-maserati-granturismo-teased-will-become-the-brands-first-electric-vehicle/

コメント

タイトルとURLをコピーしました