ジープ 新型コマンダー 2022 写真・動画・スペック・情報

ジープ

10年ぶりにコマンダーが復活

Jeepは、2022年に改良されたCompassをベースにしたコンパクトな3列シートのクロスオーバーのために、Commander(コマンダー)の名称を復活させました。これは、8月26日に販売を開始するブラジルで発表されました。また、生産はブラジル、特にペルナンブーコ州にあるステランティス社の工場で行われます。

 

主なスペック

ジープ 新型コマンダー 2022 情報更新日:2021年8月28日:

全長:4,769mm

全幅:1,859mm

全高:1,680mm

ホイールベース:2,794mm

最低地上高:208mm

車両重量:1,685Kg

荷室容量:661リッター(5シートの時)

エンジン:1.3リッター 直4 ターボ

最高出力:180 hp at 5,750 rpm

最大トルク: 270 Nm at 1,750 rpm

トランスミッション:6速AT、FWD

0-100 km/h加速:10.4秒

最高時速:200 km/h

オフィシャル動画3

オフィシャル動画2

オフィシャル写真

新型コマンダーは、ラテンアメリカのみでの販売が確定していますので、日本では今のところ買えないようです。パッケージ的には、日本でジャストサイズとなりそうですが。

コマンダーの発売時には、2種類のパワートレインが用意されています。最上位モデルは、2.0リッターのターボディーゼルで、最高出力は約200psとなる見込みです。もうひとつのパワートレインは、1.3リッターのターボチャージャー付きガソリンで、約185馬力を発揮すると予想されます。

これらのパワートレインは、米国で販売されているCompassには搭載されておらず、177psを発揮する2.4リッターのガソリンエンジンのみが搭載されています。他の市場では、フロントに1.3リッターのガスエンジン、リアに電気モーターを搭載したプラグインハイブリッドのパワートレインが用意されています。このパワートレインは、ジープがフルラインアップの電動化を計画していることから、最終的にはこちらのCompassにも搭載される見込みです。

 

オフィシャル動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました