リコール

メルセデス・ベンツ

メルセデス、ブレーキ不具合の可能性があるとして292,287台をリコール

米国道路交通安全局とメルセデス・ベンツは、2006年から2012年モデルのML-、GL-、R-クラスのオーナーに対し、リコール修理が完了するまで当該モデルを運転しないように呼びかけています。このキャンペーンは、米国内の292,287台が対象です。メルセデスは、この問題による事故、負傷者、死亡者の発生を把握していない。
テスラ

テスラ、「モデルX」1台をリコール 必要なボディ補強を施さずに納品されたため

テスラは、2022年型モデルXの2列目シートの車体構造を補強するブラケットを欠落させたにもかかわらず、納車に送り出しました。このため、テスラ社はリコール措置により、その車両を無償で交換することを余儀なくされました。
ジープ

リンカーン・アビエーターとジープ・コンパスのヘッドレストに不具合、数百台がリコール

ヘッドレストとその潜在的な不具合は、リンカーンとジープの2つの新しいリコールの中核であり、米国の道路を走る合計1,047台を対象としています。
フェラーリ

フェラーリ、ブレーキに不具合が生じる可能性があるとして中国で2,000台以上のリコールを行うと発表

ロイターの報道によると、この問題は2010年3月から2019年3月の間に中国に輸入された、ミッドエンジン458のクーペ、スパイダー、ハードコア・スペチアーレ仕様など2,222台が対象だ。しかし、これらの車の生産は2015年までに終了していたため、このリコールは458の後継車であるターボチャージャー搭載の488GTBとそのスパイダーバリエーションにも影響するはずだ。
ランドローバー

約15,000台のレンジローバーで事故時にシートベルトが正しく作動しない可能性があることが判明

2016年から2017年に製造された14,812台のレンジローバーのオーナーは、SUVのシートベルトに関連するリコール通知に注意した方がよいでしょう。それは、彼らの車の緊急ロックリトラクターが機能せず、事故時にシートベルトの効力が損なわれる可能性があるからです。
フォード

フォード、火災およびトレーラー・ブレーキ・モジュールの問題で70万台以上をリコール

フォードは、ラインナップの大部分を含む70万台以上の大規模なリコールを発表しました。2つの自主的なリコールは、火災の危険性とトレーラーブレーキモジュールの問題です。過去数ヶ月の間、いくつかの事故がブルーオーバル社に報告されましたが、負傷者や事故は発生していません。
フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲングループ、火災の危険性で全世界10万台以上のプラグインハイブリッドのリコールを決定

フォルクスワーゲングループは、アウディ、シート、シュコダ、VWのモデルを含む、全世界で10万台以上のプラグインハイブリッド車のリコールを実施します。 フォルクスワーゲンブランドからは、パサート、ゴルフ、ティグアン、アルテオンの4万2,300台がリコールの対象となります。アウディも24,400台がリコール対象となり、シートとシュコダはまだ正確な台数はわかっていません。
フォルクスワーゲン

SUV「フォルクスワーゲン アトラス」22万台以上でサイドエアバッグが設計より遅れて展開する不具合が発生する可能性

ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンが、米国で22万台以上の「アトラス」をリコールしています。 米国道路交通安全局(NHTSA)が発表したリコール告知によると、Aピラーのワイヤーハーネスが微小運動することで、ワイヤー端子面が損傷する可能性があることが判明しています。
メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツ、「EQS」と「Sクラス」を再びリコール、今度はリアランプが点灯しない不具合で

2021年12月、「最高かゼロか」を約束するドイツの自動車メーカーが、MBUXの不具合でEQSとSクラスをリコールしました。それから間もなく、シュトゥットガルトに拠点を置く同社は、eCallシステムを修正するために、オール電動エンジンと内燃エンジン搭載のセダンを呼び戻しました。見出しにあるように、どちらもソフトウェア関連の問題で再びリコールすることになったのです。
テスラ

テスラ、バックカメラ画像の遅延でモデル3、S、Xをリコール

テスラは最近、米国道路交通安全局(NHSA)にリコールを届け出ました。数十万台の電気自動車の代わりに、このキャンペーンでは、モデル3、S、Xのわずか1,000台未満を対象としています。
メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツ、2つの重大な問題で4万4千台のバンをリコール

メルセデス・ベンツの米国向けスプリンターが、転倒の危険性と車両総重量の不正確な表示により、再びリコールされました。今回、シュトゥットガルトの自動車メーカーは、トーションバーの不適切な組み立てを行ったサプライヤーを非難しています。
BMW(ミニ)

BMW、約100万台をリコール、大半がエンジン火災のリスク対応で3回目のリコール

BMWは、過去2回、火災の危険を取り除くために数十万台の車をリコールしたが、3度目の正直となることを望んでいる。 2006年から2013年の間に製造された917,000台以上のBMW車とSUVの所有者は、自分の車がディーラーの注意を必要とすることを手紙で通知される。これらの車両には、1シリーズ、3シリーズ、5シリーズ、X3、X5、Z4が含まれます。
タイトルとURLをコピーしました