VW

フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン 新型アマロック 2023 写真・動画・スペック・情報

フォルクスワーゲンは新型アマロクをまだ発表していませんが、スパイショットで開発が進んでいることがわかります。 新型アマロックのフロントエンドはユニークな印象です。
フォルクスワーゲン

航続距離385マイルを実現したフォルクスワーゲンID エアロコンセプトが正式公開される

フォルクスワーゲンは当初、IDを公開するつもりだった。Aeroは当初、4月の2022年北京モーターショーで公開する予定でした。しかし、コロナウイルスの感染者数が増加したため、このコンセプトの初公開を延期せざるを得なくなったのだ。e-Lavidaが中国でのみ販売されていることを考えると、最終的にブランド初のグローバルな電気セダンとなるものを見る時がついに来たのだ。
フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン ID. AEROは中国、北米、欧州向けの新しいミッドサイズ電気セダンとして発表

フォルクスワーゲンは、ID と名付けられたコンセプトによって予告される、近日発売予定の電気セダンの魅力的な新しいティーザーを公開しました。AERO "と名付けられたコンセプトモデルを公開しました。 このクルマは、アッパーミドルクラスの高級車セグメントで競われ、6月27日に正式に発表されます。量産モデルは、2023年後半に中国で発売される予定です。
フォルクスワーゲン

新型「フォルクスワーゲン ビートル」のレストモッドを公開、価格は60万円と驚きの価格に

ドイツの新興企業ミリヴィエは、最初の製品として、VWの象徴であるビートル(Beetle)のレストモッドを発表しました。一連のスケッチで予告されたこの車両は、ビートルの生産台数2200万台にちなんで、わずか22台が製造される予定です。見どころのひとつは、57万ユーロ(約599,511円)という目を疑うようなスタート価格だ。
フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンが2024年にテスラのEVの王座を奪う可能性があるとの報道

Bloomberg Intelligenceのレポートによると、フォルクスワーゲンは2024年にテスラを抜いて世界最大の電気自動車販売者になると主張しています。 この包括的なレポートでは、VWグループが間近に控えた16台の新型電気自動車の発売により、テスラに迫ることができるとされています。
フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン ID.4 GTXとID.5 GTXをアップデート、赤と黒をテーマに標準装備を強化

フォルクスワーゲンは、「ID.4 GTX」と「ID.5 GTX」に新たな標準装備を追加し、モデルチェンジしました。
フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン 新型ティグアン 2024 写真・動画・スペック・情報

次世代ティグアンは開発の初期段階にあり、カモフラージュされたモデルが路上を走るのは来年になると予想されています。 そして、新型ティグアンを明らかにするのは、2025年のモデルイヤーに登場する前の2024年のいつかだと予想されます。
フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン、261馬力の新型ID.4 Pro 4Motionを欧州ラインアップに導入

VWは本日、欧州向け「ID.4」のラインナップに、2車種目の全輪駆動モデル「ID.4 Pro 4Motion」を発表しました。
フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンが予告していた電気自動車SUV/ピックアップ「Scout」のレンダリングを暫定公開

フォルクスワーゲンは、インターナショナル・ハーベスター・スカウト・オフローダーで知られるスカウト・ブランドを復活させ、2026年頃に米国でデビューするSUVとピックアップの2つの新ブランド電気自動車を発売する計画です。ドイツの巨大企業は、テネシー州チャタヌーガにある既存の施設の隣に建設する可能性のある新しい(2番目の)製造拠点で、この2台を米国で製造したいと考えています。
フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン 新型エアロB 2023 写真・動画・スペック・情報

主なトピック フォルクスワーゲン 新型エアロB 2023 情報更新日:2022年6月3日: フォルクスワーゲンはパサートと並ぶべき新しいモデルとして新型エアロB(正式名称ではないかもしれない)を開発中。 詳細は不明ですが、ベー...
フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン ティグアン オールスペース・アドベンチャー、5人乗り特別仕様車をオーストラリアで発売

VWティグアン オールスペースは、通常のティグアンのロングホイールベースのバリアントで、米国以外のほとんどの市場では7人乗り3列シート仕様のみが提供されています。しかし、オーストラリアでは、ティグアン オールスペース アドベンチャーと呼ばれる新しい特別仕様車が発売されました。
フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン「タベンダー」、中国で14台目のSUVとして登場

フォルクスワーゲンは現在、中国で第一汽車とVW-SAICという2つの合弁会社を運営しているが、これらは別会社として市場で競争している。この2社が発売するすべての新車、特にSUVのセグメントを記録しておくのは少し難しい。しかし、ヴォルフスブルクを拠点とする自動車メーカーは、新型SUVのTavendorを中華人民共和国に投入する準備ができているので、クロスオーバーは多すぎるということはないと考えています。
タイトルとURLをコピーしました