ポルシェが製作に携わったメルセデス・ベンツ「500 E」の30周年記念式典を開催

メルセデス・ベンツ
スポンサーリンク

ヘガティ社がメルセデス・ベンツ500Eにスポットライトを当てた数週間後、ポルシェは同車のプロジェクトマネージャーにインタビューを行い、500Eの設計がどのようなものであったかを知ることにした。

 

 

Porsche x Mercedes-Benz: 30 Years of the 500 E – Part 1

スリーポインテッドスターを冠しているが、メルセデスは500 Eの開発と製造の多くをポルシェに依頼していた。BMW M5キラーを目指していたメルセデスは、当時、様々な方向に関心を寄せており、ポルシェのカスタマーエンジニアリング部門にハードワークを委託していたのだ。

 

 

コンセプトはシンプルだが、実際には複雑だった。それは、メルセデスW124にV8を搭載するというものである。ただのV8ではなく、ザウバーC9をル・マンで優勝させたのと同じエンジン(ターボはないが)を搭載するのである。

 

 

 

ポルシェはこのプロジェクトを、1986年から2016年まで同社に勤務していたミヒャエル・ヘルシャーに管理を任せた。ポルシェ、メルセデス、そしてヘルシャーにとって幸運だったのは、このクルマがヒットしたことだ。

 

 

“当初は、1日10台の生産体制を整えていました。”しかし、強い需要があったため、すぐに1日20台に増やさなければなりませんでした。この状態をほぼ最後まで続けました」。

ポルシェは車を一から作る必要はなかったが、W124に施されていた改造のほとんどすべてを開発して組み込まなければならなかった。しかも、その変更は相当なものだった。

 

 

“このような派生型のプロジェクトでは、車両のすべての領域に手を入れなければなりません “と、ヘルシャーは言う。”しかし、今回はメルセデスがスタイリングとエアロダイナミクスを担当し、それ以外の部分はポルシェが担当するということになったのです。つまり、ボディ、シャシー、エグゾーストシステム、エンジン周辺機器、音響・振動、そして電気系統の設計が仕事の大部分を占めていたのです」。

 

 

エンジンのサイズが大きくなったことで、バルクヘッドを移動させたり、トランスミッションのトンネルを変更したりして、新しい排気システムのためのスペースを確保しなければなりませんでした。また、バッテリーの配置(後方)についても、重量のあるユニットを補強する必要があるため、考えなければなりませんでした。

しかし、最終的には両者にとって良い結果となりました。メルセデスはハイパワーのセダンを必要としており、ポルシェはお金が必要であり、また不況の中で職人に仕事を与える必要もあった。ヘルシャーにとって、このプロジェクトは忘れられないものとなった。

“このような車の仕事に携わることができたことは、すでに素晴らしいことです “と彼は言う。”このような車に携わることは、すでに素晴らしいことです。しかし、私にとっては、シリーズ生産に至るまでのプロジェクトを管理したのは初めてのことで、非常に感慨深いものがありました。当時の記憶がすぐによみがえってきました」。

 

【参照】https://www.carscoops.com/2021/06/porsche-celebrates-30th-anniversary-of-the-mercedes-benz-500-e-that-it-helped-build/

コメント

タイトルとURLをコピーしました