ブラバス 900 ロケットエディション メルセデスAMG G63

スポンサーリンク
メルセデス・ベンツ

主なトピック

▪ G63をベースにした新型BRABUSの限定スーパーカー
▪ 4.5リッターツインターボV8大排気量エンジン(最高出力662kW/900ps
▪ 1,250 N・mの圧倒的なピークトルク(電子制御により1,050 N・mに制限される
▪ 0-100km/h加速3.7秒、最高速度280km/h
▪ カーボンワイドスターワイドバージョン「ROCKET EDITION」と新開発のエアロパーツの組み合わせ
▪ カーボンワイドスターワイドバージョンROCKET EDITIONと新しい空力部品の組み合わせ
▪ 24インチハイテク鍛造ホイール(BRABUS ROCKET エアロディスク付
▪ 世界限定25台のリミテッドエディション
▪ BRABUS MASTERPIECE インテリア(専用シングルシートシステム)を採用

オフィシャル動画

オフィシャル写真

ブラバスは、2018年に初めて登場した第2世代のメルセデスAMG Gクラスをより速く、よりパワフルにすることで知られています。しかし今年、このドイツのチューナーは、新たな限定車「Brabus 900 Rocket」でそのピークに達しました。

 

 

エクステリアの変更から始めると、900 Rocketには、ブラバス・ワイデスター・ボディキットの最新バージョンが装着されています。前作の700 Widestar(2018年)および800 Widestar(2019年)と同様のフロントおよびリアバンパー、ワイドフェンダーアドオン、ダブルボンネットスクープ、追加のインテークを装備していますが、今回は露出したカーボンファイバーやいくつかの追加パーツをより広範囲に使用しているため、さらにアグレッシブな印象を与えています。

 

 

新しいフロントスポイラー、Rocket Startup Glowを採用したカーボンファイバー製グリル、サイドから出ている異なるエキゾーストパイプ、ダウンフォースを高める新しいルーフスポイラーなどがあります。発表車はステルスグレーに塗装され、ボディキットの随所にレッドペイントのディテールが施されていますが、ブラバスはどのような色でもSUVを仕上げたいと考えています。

 

 

 

専用設計の24インチ鍛造ブラバス・モノブロックZ “Platinum Edition “リムには、カーボンファイバー製のエアロディスクが装着され、ミックスパフォーマンスタイヤ(前輪295/30、後輪355/25)が装着されています。

 

 

ブラバスのエンジニアは、メルセデスAMGのツインターボV8の排気量を、ノーマルの4.0リッターから4.5リッターに拡大しました。さらに、大型ターボチャージャー、ビレット製クランクシャフト、シリンダーボアの拡大(84mm)、ストロークの拡大(100mm)、新しい鍛造ピストン、鍛造コンロッド、BoostXtraバルブ、高圧ポンプ、ラムエアインテークシステム、フリーフローメタル触媒付きステンレス製エグゾーストシステム、アクティブエグゾーストフラップ付き大型ダウンパイプなどを追加しています。さらに、ECUソフトウェアにも手を加え、インジェクション、イグニッション、ブースト圧制御のマッピングを変更しました。

 

 

これらの改良により、エンジンの最高出力は888ps(900PS / 662kW)/6,200rpmとなり、ノーマルのG63と比較して309ps(315PS / 231kW)向上しました。トルクについては、2,900rpmで最大922lb-ft(1,250Nm)を発生させることができましたが、電子制御により774lb-ft(1,050Nm)に制限されていました。

 

 

G-Wagenの重量は2,560kgで、空力特性はレンガのようなものであるにもかかわらず、このパワーが加わったことで、0-62mph(0-100km/h)の加速が物理法則に反してわずか3.7秒で行われるようになりました。これは、ノーマルのG 63よりも0.8秒、究極のブラバスG V12 900よりも0.1秒速いのです! フラットアウトでは、タイヤを保護するためのスピードリミッターが作動する前に、280km/hに達します。

 

 

パワーは、9G-TRONICオートマチック・ギアボックスを介して4つのホイールに伝達されます。他のG-Wagensと同様に、永久的な四輪駆動システムには電子制御式のロックデフが装備されています。

 

 

電子制御式ダンパーを備えたBrabus RideControlアルミニウム製コイルオーバーサスペンションが、最大45mm(1.77インチ)のローダウンを実現し、その走りを引き立てます。この車を止めるためには、フロントに固定キャリパー付きの400mmベント・クロスドリルド・スチール製ブレーキディスク、リアにフローティングキャリパー付きの370mmディスクが必要です。

 

 

インテリアでは、4つの独立したバケットシート(ヒーター・ベンチレーション付き)にクレスト型のキルティングを施したブラックレザーのシート、ダッシュボードとセンターコンソールにはカーボンファイバー、キャビン全体にロケットレッドの塗装を施したトリム、アルミニウム製ペダル、色が変わるイルミネーション付きのブラバスロゴを備えたステンレス製スカッフプレートなどが採用されています。

 

 

後部座席には、格納式テーブル、2つのカップホルダー(ヒーターまたはベンチレーション付き)、冷蔵室、4.3インチのタッチコントロールパネルが設置されています。ブラバスのハイエンド製品の常として、お客様はそれぞれ自分の好みに合わせてRocket 900をカスタマイズすることができますので、ここに掲載されている内容に限定されることなくご利用ください。

 

ブラバスは、900 Rocket Editionを合計25台製造し、ドイツ国内での販売価格は480,059ユーロ(572,794ドル)からとなります(付加価値税抜きの輸出価格)。最初の10台は2021年末までに、残りの10台は2022年中に納車される予定です。

 

【参照】https://www.carscoops.com/2021/06/brabus-turns-mercedes-amg-g63-into-a-rocket-with-888-hp-and-0-62-in-3-sec/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました