ポルシェ マカンS、マカンGTSをフェイスリフト【2022年モデル】

スポンサーリンク
ポルシェ

オフィシャル動画:ポルシェ・マカンS

ポルシェデザインのDNAを持つ、強化されたスタイリング

エクステリアのデザインは、マカンのオーナーが購入を決めた理由の中で最も多く挙げられるものの一つです。2022年モデルでは、その声に応えるべく、冷却用エアインテークを内蔵したフロントエンドやボディカラーのフロントトリムなど、新しいデザインを採用しています。リヤは、上方に伸びたブラックディフューザーが特徴的で、前バージョンと比べて際立っています。サイドブレードには、3Dのテクスチャー構造のエレメントが採用され、このエリアをさらに強調しています。また、LEDヘッドランプや標準装備のスポーツデザイン・エクステリアミラーが、アップデートされた外観を完成させています。また、ホイールは7種類のデザインを用意し、標準ホイールサイズはモデルによって19〜21インチに拡大しています。

トップモデルとしての地位を確立したマカンGTSには、他のモデルとは異なる印象的なデザイン要素が数多く採用されています。サテンブラックの21インチRSスパイダーデザインホイール、スポーツデザインのサイドスカート、クリアLEDテールライト、ブラックテールパイプのスポーツエグゾーストシステムなど、他のモデルとは一線を画すデザインとなっています。

すべてのモデルでパワーとパフォーマンスが向上

マカンのもう一つの魅力は、パフォーマンスを重視していることです。そのため、2022年モデルの全車に、標準装備の7速デュアルクラッチPDKトランスミッション、全輪駆動、先代モデルよりもパワフルなパワートレインを採用しています。マカンに搭載されているターボチャージャー付き2.0リッター4気筒エンジンは、2021年モデルと比較して出力が13ps、トルクが22lb.ft.増加し、最高出力261ps、最大トルク295lb.ft.となっています。その結果、オプションの「スポーツクロノパッケージ」を装着した場合、0~60マイル(時速)はわずか5.8秒(従来よりも0.3秒速い)、トラックの最高速度は144マイル(時速)となりました。

また、マカンSは2022年モデルでは、よりパワフルなエンジンを搭載しています。最高出力375ps、最大トルク383lb.ftを発揮する2.9リッターツインターボV6は、現行のマカンGTSに搭載されていたものが、最新のSモデルのボンネットに搭載され、オプションのスポーツクロノパッケージを装着した場合、停止状態から時速60マイルに到達するまでの時間は4.4秒と、2021年のマカンSよりも0.5秒速く、最高速度は時速160マイルとなります。また、新型マカンSには、ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント(PASM)が標準装備されています。

2022年のマカンシリーズの新しいトップモデルは、GTSヴァリアントです。GTSは、従来のマカンターボに搭載されていた2.9リッターツインターボV6(最高出力434ps、最大トルク406lb.ft)を搭載し、0-60mph加速4.1秒(オプションのスポーツクロノパッケージ装着時)、最高速度169mph(2021年型マカンターボより2mph速い)を達成しています。マカンGTSは、シリーズの最上位モデルとしての地位にふさわしく、レッドキャリパー付きのポルシェ・サーフェス・コーテッド・ブレーキと、車高を10mm下げたアダプティブ・エアサスペンションを標準装備しています。マカンGTSのサスペンションは、従来よりも最大15%硬くなっており、ボディロールをさらに低減しているほか、バンプストップとストラットマウントも更新されています。また、新たに調整されたダンパーにより、快適性とパフォーマンスの幅が広がりました。

マカンGTSにスポーツパッケージをオプション設定

新型マカンGTSのダイナミックな性能と外観をさらに向上させるために、新たに「GTSスポーツパッケージ」をオプションとして設定しました。このパッケージには、スポーツクロノパッケージ、ポルシェ・トルク・ベクタリング・プラス、18ウェイ・アダプティブ・スポーツシート、ハイグロスブラックに塗装されたキャップ付きのスポーツデザインミラー、サテンブラックのフロント/リアフェイシアとサイドスカート、高性能な専用タイヤを装着した21インチのGTデザインホイールが含まれます。スポーツパッケージを装備したGTSのインテリアは、カーボンファイバーエレメント、ステッチ、レーステックス製のインテリア装備の数を増やしたことが特徴です。

新しいセンターコンソールを採用してインテリアをアップグレード

2022年モデルのマカンの改良は、車内にも及んでいます。ダッシュボード上のアナログ時計は標準装備されており、センターコンソールのデザインも変更されています。このセンターコンソールは、触覚を利用したタッチエレメントを備えており、すっきりとしたシンプルなデザインでありながら、収納スペースの拡大など、実用的な要素も向上しています。また、短くなった新型のギアレバーは、このコンソールとシームレスに一体化しています。また、911に採用されているGTスポーツステアリングホイールも新たに用意されており、元気なドライバーとクルマの間に最適なインターフェースを提供します。マカンに搭載された10.9インチのフルHDタッチスクリーンには、ナビゲーションやApple Car Play®が標準装備されているほか、オプションでオーディオシステムを強化することもできます。また、新たなオプションとして、Papaya、Gentian Blue、Chalkの逸脱したステッチを施したインテリアパッケージを用意しました。

豊富なオプションの運転支援システム

2022年モデルのマカンには、レーンディパーチャーウォーニングに加えて、リアビューカメラ付きのフロント&リアパークアシストが標準装備されています。さらに、さまざまな運転支援システムをオプションで追加することができます。これには、セルフステアリング・パークアシスト、アダプティブ・クルーズ・コントロール、レーン・キープ・アシスト、ブラインド・スポット・モニタリング・レーン・チェンジ・アシスト機能などが含まれます。

価格と販売時期

2022年のポルシェ マカンは、来年初頭に登場する予定で、希望小売価格は54,900ドル(配送料、手続き料、取扱手数料1,350ドルを除く)からとなります。2022年モデルのポルシェ マカンSおよびGTSは、春に米国のディーラーに到着する予定です。マカンSの希望小売価格は65,400ドル、マカンGTSの希望小売価格は79,900ドルで、いずれも配送・手続き・手数料の1,350ドルを含みません。

【参照】https://press.porsche.com/

オフィシャル写真:マカンGTS

オフィシャル写真:マカンS

コメント

タイトルとURLをコピーしました