タイカン

ポルシェ

ポルシェ、エアロ強化でよりホットな「タイカン」を開発中?

ポルシェ「Taycan」は2019年から登場し、「Turbo S」はそのパフォーマンスフラッグシップとなっている。しかし、スパイカメラマンが、より目立つエアロを備えたカモフラージュされたプロトタイプを捉えたことから、近い将来、この電動セダンのよりホットなバリエーションを示唆する可能性があります。
ポルシェ

ポルシェのクロスツーリスモ「タイカン」がパワーアップ

最近、ポルシェは新しいソフトウェア・アップデートにより、Taycan Cross Turismoの航続距離を大幅に伸ばしたと主張しました。ハリーズ・ガレージは、この主張を検証するため、最新のビデオでこのクルマをドライブに連れ出し、その過程でミニレビューのようなものを行いました。
ポルシェ

ポルシェはタイカンの代替となる大型のパナメーラEVを計画している可能性がある

ポルシェがパナメーラのアップデートを計画していることはスパイショットで明らかになりましたが、将来的にはこのスポーティなリフトバックにもっと素晴らしいものが用意されているかもしれません。Autocarからの新しいレポートは、電気バージョンは、ツッフェンハウゼンの最近発表された7人乗りのSUVを支えるでしょう同じスケーラブルシステムプラットフォーム(SSP)上で動作していることを主張している
ポルシェ

2023年 ポルシェ「タイカン」登場、ユーザーインターフェース刷新、Spotify連携、ワイヤレスAndroid Autoを搭載

Taycanは、ポルシェの電気革命を開始し、その旅は2023年モデルのためのわずかなアップデートで継続されます。 バイヤーは、"カラフルなタイル画面 "と同様に、改訂されたユーザーインターフェイスを備えた更新されたポルシェ・コミュニケーション・マネジメント・システムを見つけることができるので、変更のほとんどは、ソフトウェアに関連しています。
ポルシェ

ポルシェ、12,000台を超えるタイカンの画面が黒くなる可能性があるとしてリコールを発令

ポルシェは、インフォテインメントディスプレイに影響を与えるソフトウェアの問題により、米国で12,000台を超えるTaycanモデルのリコールを発令しました。
ポルシェ

ポルシェ初の特別仕様車「タイカン」がホッケンハイムリンク90周年を記念して登場

ドイツで最も有名なレーストラックとは言い難いかもしれませんが、ホッケンハイムリンクは今でも世界有数のモータースポーツ開催地であり、今年で90周年を迎えます。ポルシェはこれを記念して、特別仕様車を用意することにしました。
ポルシェ

2020-2021年型ポルシェ「タイカン」のシート調整でエアバッグが作動しない可能性

クルマづくりは、今も昔も非常に繊細な仕事です。ポルシェの最新のリコールは、現代の自動車がいかに多くの事柄をうまく処理できないか、そしていかに小さな欠陥でも安全性に大きな影響を及ぼしうるかを証明しています。
ポルシェ

ポルシェ、「タイカン」のパワートレインを確認するテストを実施

ポルシェは、増え続ける量産型EVのビジョンを持っており、それは電気を使うすべての人を助けることになるのです。送電網運営会社TransnetBWとコンサルティング会社Intelligent Energy System Services(IE2S)と共同で行ったテストで、ポルシェは5台の量産型Taycanを送電網バランシングソリューションとしてテストしました。
ポルシェ

ポルシェ「タイカン」が、花で覆われたカラフルなアートカーに大変身

アートカーには、見事なものからぞっとするようなものまであり、すべてが自動車メーカーからの依頼で制作されたものではありません。しかし、須藤俊のようなアーティストがクルマに絵を描くことを許可された場合、本当に美しいものが出来上がることが多いのです。
ポルシェ

ポルシェ、チャイルドシートのアンカーが妨げられる可能性があるとして「タイカン」をリコール

昨年7月、ポルシェは電気自動車Taycanに「製造上のばらつき」があることを確認しました。具体的には、後部座席中央のシートベルトバックルに取り付けられているワイヤーハーネスに、誤ったルートがあることを確認したのです。すぐに対策を講じましたが、ハーネスの取り違えが生じたまま生産されたクルマがありました。
ポルシェ

ポルシェ「タイカン」、クロスカントリー走行での充電時間が2.5時間未満となり、世界記録を更新

ポルシェ「タイカン」が、クロスカントリー走行における充電時間の最短記録でギネス世界記録を達成しました。このモデルは、カリフォルニア州ロサンゼルスからニューヨーク州ニューヨークまで、わずか2時間26分48秒の充電時間で走行したのです。
ポルシェ

ポルシェ、外観を改善した新インフォテイメントソフトウェアを公開 タイカンのルートプランニングを改善、ネイティブSpotifyも搭載

ポルシェは本日、多数の車両に搭載されているインフォテインメント・システムを更新することを発表しました。第6世代となるポルシェ・コミュニケーション・マネジメント・システムは、新機能の提供、システムの外観の更新、電気自動車のルートプランニングの改善などが行われる予定です。
タイトルとURLをコピーしました