テスラ

テスラ

Uberのユーザーがテスラまたはポールスター EVに乗車可能に

Uberは、ユーザーが電気自動車に乗ることをリクエストできる新サービスを含め、2022年に向けて多数の新商品とサービスを発表しました。 Uber Comfort Electricはロサンゼルス、サンフランシスコ、サンディエゴ、ドバイで開始され、近日中にさらに多くの都市に拡大される予定だ。
テスラ

ハッカーがBluetoothでテスラに侵入しエンジンを始動、他の自動車メーカーも同様の被害に遭う

英国に拠点を置くセキュリティ企業、NCCグループのコンサルタントが、一部のテスラ車のキーレスエントリーシステムのセキュリティの弱点を突いて、簡単に車両を盗み出すことができることを実証したと報じられています。
テスラ

テスラサイバートラックの予約台数が150万台に迫る、欧州・中国からの受注を停止

テスラは、サイバートラックの需要が当面の間、生産台数をはるかに上回るため、欧州と中国からの注文を受け付けないことにしました。 サイバートラックが発表されると、最初の1週間ですぐに25万台の予約が入りました。
テスラ

テスラ モデルYのオーナー体験談。2年後の真実

ライアン・ショウがテスラ・モデルYを所有して2年になる。この電気クロスオーバーが2020年3月、ちょうどCOVID-19の大流行が始まったのと同じ時期に市場に登場したとは、実はちょっと信じがたいことなのです。
ゼネラルモーターズ

GMのテスラ買収計画は、より安価なEVの製造が中心

ゼネラルモーターズのメアリー・バーラCEOは、自身が率いる会社がEV製造においてテスラを超えることに依然として自信を持っています。 Yahoo Financeとのインタビューで、この幹部は、GMはピボットして、イーロン・マスクが率いる会社から世界最大のEVメーカーのタイトルを奪い取ることができると述べた。
テスラ

テスラ、「モデルX」1台をリコール 必要なボディ補強を施さずに納品されたため

テスラは、2022年型モデルXの2列目シートの車体構造を補強するブラケットを欠落させたにもかかわらず、納車に送り出しました。このため、テスラ社はリコール措置により、その車両を無償で交換することを余儀なくされました。
テスラ

テスラモデルYはアウトバーンを時速155kmで走行すると不気味なほど静かになります

テスラ モデル Y パフォーマンスは、その名の通り、スピードに重点を置いたモデルです。このビデオでは、AutoTopNLが電気自動車のクロスオーバーをアウトバーンの無制限区間で走らせ、最高速度に挑戦しています。
テスラ

テスラ、サイバートラックとセミのために800ボルトのアーキテクチャを検討中

テスラの2022年第1四半期決算説明会では、財務面や製造面、そして新製品に関しても、イーロン・マスクが専用のロボットタクシーが2024年に生産を開始することを確認するなど、多くのポジティブなアップデートが行われました。
BMW(ミニ)

BMW、テスラの電気自動車支配は終わったと発言

BMWは、2030年までに少なくとも販売台数の2台に1台を完全な電気自動車にするという野心的な計画を立てています。 販売台数の増加に伴い、ドイツの自動車メーカーは、米国の電気自動車市場におけるテスラの支配に挑戦する意向です。ちなみに、テスラは昨年、米国の高級車市場におけるバイエルン社の君臨に終止符を打った。
テスラ

テスラ「CYBERBACKPACK」商標出願により、ファンメイドデザインを販売する可能性が示唆される

テスラは、サーフボードやテキーラから、悪名高い「S3XY」ショーツまで、ユニークなグッズを販売していることで知られている。このたび、テスラ社はまたもや面白いグッズを製作する可能性を示唆する商標を申請しました。
テスラ

新型テスラ、充電用ワイヤーの標準装備を終了

テスラの新車を購入したとき、予想以上にトランクスペースが広いと感じても驚かないでください。その理由は、テスラにはもう充電ケーブルが標準仕様として含まれていないという、同じく驚くべき発見によるものです。
テスラ

もし、これが量産型サイバートラックなら私たちはそれを望んでいない

サイバートラックは、鉄球を含むあらゆるものを寄せ付けないというイメージがありますが、テスラのサイバーロデオの新しい映像は、それを覆すかもしれません。このビデオでは、最新のプロトタイプの1台を最も近くで見ることができ、その荒々しい姿に目を奪われます。
タイトルとURLをコピーしました