フェラーリ

フェラーリ

フェラーリ、ブレーキ不具合の可能性で23,000台以上をリコール

フェラーリは、ブレーキが効かなくなり、事故につながる可能性があるとして、23,555台をリコールします。同メーカーは2021年10月にも同じ問題で約1万台のモデルをリコールしている。
フェラーリ

新型フェラーリ・デイトナSP3は、見るだけでなく、運転するのも楽しい

フェラーリの「アイコナ」シリーズの最新モデル「デイトナSP3」が、とてつもなくスペシャルなクルマであることに疑いの余地はない。ラ・フェラーリのアナログモデルで、カーボン製の車体を持ちながら、ハイブリッドシステムを搭載していない。
フェラーリ

フェラーリ296 GT3 レースカーがデビュー、488 GT3よりダウンフォースが20%向上

マセラティが新型レーシングカーMC20 GT2を発表したわずか数日後、フェラーリは、プリンシングホースのトラックGTレースの未来を象徴する296 GT3をデビューさせました。488 GT3の後継となるこのモデルは、フェラーリの最新かつ最高の2シーター・ミッドリアエンジン・スポーツカーである296 GT3がベースになっています。
フェラーリ

フェラーリ・ローマ・スパイダーのプロトタイプが素顔で撮影された謎の写真

クーペコンバーチブルの「フェラーリ・ポルトフィーノM」に次ぐマラネッロのエントリーモデル「フェラーリ・ローマ」ですが、メカニカルな関係から「ローマ・スパイダー」は廃止される可能性がありますが、フェラーリ本社前で深夜テスト中のプロトタイプが撮影され、さらにソフトトップを装着した完全無装着の車両がスパイショットで登場しています。
フェラーリ

フェラーリ初のSUV プロサングエ Purosangue 2022 写真・動画・スペック・情報

フェラーリはSUVを作らないって、何かで読んだような気がしますが、時代の変化なのでしょうね。 ランボルギーニのウルスもインパクトがあっただけに、フェラーリはどんなデザインになるのでしょうか。
フェラーリ

フェラーリがLMHの開発を開始、ル・マンのハイパーカーを走行させることを予告

フェラーリのル・マン復帰作戦は、まだ終わっていない。プリンシングホースは、1年以内にレーシングカーを完成させなければならず、現在、開発が本格的に進められている。先週、フェラーリはLMHレーサーをフィオラノに運び、最初のシェイクダウンと開発プログラムの開始を行った。
フェラーリ

マンソリー F8XX フェラーリ F8 トリビュート、スパイダーバージョンでさらにワイルドに

昨年、マンソリーはフェラーリF8トリビュートをベースにしたモデルを発表しました。F8XXと名付けられたこのイタリアンスポーツカーは、内外装ともに比較的まともなアップグレードを受け、外観に見合ったパワーアップが施されている。そして今回、F8XXの原型となるF8トリブートスパイダーをベースにしたF8XXを発表した。
フェラーリ

フェラーリ、2023年のル・マンでハイパーカーを発表、24時間レースで最初から優勝を狙う

フェラーリは本日、新たなティーザー画像を公開し、次期ル・マンハイパーカー(LMH)レースカーの姿を少しばかり公開した。現在、フィオラノでテスト走行しているこの車両は、2023年からのFIA世界耐久選手権のトップクラスで走行する予定です。
フェラーリ

ノビテックがフェラーリSF90ストラダーレに1,100馬力以上のパワーを与える

フェラーリは現在、SF90ストラダーレをよりハードコアにした「ヴァージョン・スペチアーレ」を開発中です。今年末のデビューを目指し、エアロダイナミクスを改善し、サーキットでのパフォーマンスを向上させる予定だ。しかし、マラネロに本拠を置く自動車メーカーが開発を完了するまで待ちたくないという人には、アフターマーケットから代替品を入手することができます。
フェラーリ

フェラーリ、電動化の未来に向けて慎重にステップを踏む

電動化の時代はまさに到来し、それはランボルギーニやフェラーリといったスーパーカーメーカーにさえも影響を及ぼしています。このたび、フェラーリの経営陣が共有する電動化に対する姿勢と、今後数年間に期待できることについて、新たなレポートが明らかにしました。
フェラーリ

フェラーリ、ル・マンのハイパーカーを発表、来年のレースに参戦予定

ル・マン24時間レースは今週末に開催されるが、フェラーリはすでに未来を見据えており、モータースポーツの頂点に返り咲くためのマシンを予告している。 このレーサーは、フェラーリLMHと呼ばれ、目立つ跳ね馬とクラシックな黄色のバッジが特徴で、紛れもなくフェラーリである。
フェラーリ

フェラーリ、マラネロでEVとハイブリッドの生産ラインを建設中と報道される

イタリアからの報道によると、フェラーリはマラネロ工場を拡張し、電動化車両専用の第3の生産ラインを設けるという。 Bloombergは、イタリアのスーパーカーメーカーがボローニャ北部の有名な工場の近くに追加の土地を購入し、建築工事の準備のために整地していると主張している。
タイトルとURLをコピーしました