シュコダ

シュコダ

シュコダ、フォルクスワーゲン、キュプラが2025年のエントリーレベルEVを予告

ティーザーが公開されれば、数日、数週間、あるいは数カ月でそのクルマの全貌が明らかになるというのは、それほど昔のことではありません。しかし、すぐに日の目を見ることのないクルマのプレビューが続々と公開されるようになり、そのやり方は変わりつつあります。例えば、フォルクスワーゲン・グループは、今から約3年後に導入する3台の電気自動車のデザインスケッチを公開しました。
アウディ

フォルクスワーゲン、アウディ、シュコダ、クプラ、フォードからMEBベースの電動クロスオーバーが12台以上発売予定

フォードは、VWグループのMEBプラットフォームを2台の新型クロスオーバーに採用することを明らかにしました。そこで、同じアーキテクチャを採用する他のモデルをすべて数えてみました。その結果、クロスオーバーとそのクーペスタイルの派生車種を含めると、12車種になることがわかりました。
シュコダ

シュコダの小型EVはフォルクスワーゲンやクプラの兄弟車と差別化された存在になる

VWグループは、VW、キュプラ、シート、シュコダのエンブレムを持つMEBベースの完全電気シティカー群を開発しています。すでに2025年の市販モデルを予告するVW ID.LifeとクプラUrbanRebelのコンセプト、さらにシートからのティーザーが公開されているが、シュコダはまだ独自のバージョンを公開していない。シュコダCEOのトーマス・シェーファーは、メカニカルな兄弟車とは一線を画す、次期EVのヒントを示した。
シュコダ

2022 シュコダ ファビア モンテカルロを公開、スポーティな外観と150馬力を実現

ファビアRSの復活を否定したシュコダは、スーパーミニをモンテカルロ・トリムレベル以上にすることはないだろう。また、チェコ・ブランドは、今日発表されたフラッグシップ・バージョンで製品レンジが完結するため、ワゴンが第4世代に戻ることはないことを間接的に明言しています。
シュコダ

2022 シュコダ ファビア モンテカルロ、派手なビジュアルアップグレード

シュコダは2021年5月に4代目ファビアを発表しましたが、今度はフラッグシップ・トリムレベルを予告し、スーパーミニのラインアップを完成させる準備を進めています。RSバージョンを除外したため、今回初めて公開されたMonte Carloは、今年後半にヨーロッパで発売されれば、レンジトッパーとして機能することになる。チェコ・ブランドの他のモデルと同様、基本的にはコスメティック・パッケージとなる予定です。
シュコダ

シュコダ・エニアック・クーペRS、フォルクスワーゲン ID.5 GTXのパワーを正式公開

シュコダ・エニアック・クーペiVは、そのフルネームからして本物のクーペではないのだが、その紛らわしい名前を乗り越えれば、やはり面白い。従来型のEnyaqには、高性能なRSのバリエーションが約束されているが、より洗練された派生モデルが先に手に入ることになる。予想通り、オール電化のRSは、フォルクスワーゲンID.5 GTXのチェコ版に相当するものです。
シュコダ

シュコダ・エニアック・クーペiV ティザースケッチで流麗なスタイリングを予告

シュコダがSUVをクーペ化するのは初めての試みだと思われるかもしれないが、中国では数年前からKodiaq GTやKamiq GTが販売されている。このボディスタイルは、非常に実用的な車で知られるムラーダ・ボレスラフ・ブランドから車を買う目的...
タイトルとURLをコピーしました