ランボルギーニ

ランボルギーニ

ランボルギーニ ウラカン・ステラート 2023 写真・動画・スペック・情報

主なトピック ランボルギーニ ウラカン ステラート 2023 情報更新日:2022年1月19日: ランボルギーニ ウラカン・ステラートが2022年後半に登場予定。 ウラカン・ステラートはトランクに取り付けられたLEDライト...
ランボルギーニ

900馬力のランボルギーニ・ウルスにマンソリーの新モデル「Venatus」が限定登場

マンソリーは、またしてもSUV「Urus」を改造して戻ってきましたが、それは過去のビルドよりも少し特別なものです。Venatus Evo Sは、ランボルギーニ・ウルスに手を加え、大幅なビジュアルの変更と顕著なパワーアップを実現しています。
ランボルギーニ

ランボルギーニ ウルスEVO 2023 写真・動画・スペック・情報

ランボルギーニ次期ウルスEVOのプロトタイプが撮影されました。 ランボルギーニはウルス エボに、より大きなグリル開口部と異なるサイドエアインテークを収容する新しいバンパーデザインを与えています。
ランボルギーニ

ランボルギーニが2024年のLMDh参戦を発表、ハイブリッドレーサーを予告

ランボルギーニ・スクアドラ・コルセは、2024年からFIA世界耐久選手権(ハイパーカー・クラス)とIMSAウェザーテックスポーツカー選手権(GTPクラス)に参戦するLMDhハイブリッドハイパーカープロトタイプを開発していると発表しました。
ランボルギーニ

ランボルギーニ、電動ウルスが登場することを確認…。最終的に

ランボルギーニ・ウルスは、現在販売されているSUVの中で最もパワフルで高価な車の一つです。どうやらこれだけでは物足りないようで、イタリアの会社はよりハードコアなバージョンを開発中で、今年後半にデビューする予定です。もしあなたが完全な電気自動車を期待していたのなら、残念なことに、私たちはあなたを失望させなければならないでしょう。
ランボルギーニ

ランボルギーニ最後のアシストなしV12が野生の写真とともに公開される

好きなものなら、手放せばいい。ランボルギーニが誇る最後のV型12気筒エンジンが、イタリアの夕暮れの中を走り去ります。この日が来ることは分かっていましたが、だからといって寂しさは変わりません。
ランボルギーニ

ランボルギーニ・ウラカン GT3 EVO2、STOレースカーとして登場

ランボルギーニのモータースポーツ部門が「Huracan Super Trofeo」を発表したのは2014年のこと。その1年後にはGT3バリアントが続き、2018年にはGT3 EVOが発売された。2020年にはGT2レースカーが登場し、その拡張は続いているが、今回ランボルギーニ・スクアドラ・コルセは、サーキット専用スーパーカーの新たなイテレーションを発表する。
ランボルギーニ

ランボルギーニ・ウラカン GT3 EVO2 レースカーのデビューを予告

2014年から存在しているランボルギーニ・ウラカンは、少し長くなってきたと主張する人もいるだろう。しかし、スーパーカーは6〜7年という通常のライフサイクルに沿っていないため、これらは長く付き合う傾向があります。高級車は組み立てにかなり時間がかかるので、エキゾチックブランドが定期的に何百台も生産しているわけではありません。
ランボルギーニ

ランボルギーニ最後のアヴェンタドールクーペが160万ドルで落札、NFT付き

皆さん、自動車の時代の終わりが近づいています。というか、もう間近です。この車は、サンタアガタ・ボロニェーゼで生産される最後のランボルギーニ・アヴェンタドール・クーペですが、厳密にはまだ生産されていません。しかし、このアヴェンタドール LP 780-4 アルティマエには、7桁を超える入札がありました。ハンマーが振り下ろされたとき、この特別なランボは1,603,125ドルで落札されました。
ランボルギーニ

ランボルギーニ「ウラカン」生産台数2万台を達成

ガヤルドは2003年から2013年までの10年間、合計14,022台が生産されました。ランボルギーニは、ウラカンでこの数字を達成するのに5年しか必要とせず、現在、重要なマイルストーンを迎えています。マットグレーに仕上げられたこのハードコアなスーパートロフェオ オモロガータは、モナコ公国の顧客のもとに届けられ、この自然吸気V10スーパーカーの2万台目のモデルとなりました。
ランボルギーニ

4万ドルのバッジを付けたランボルギーニ・ウルスはダイヤモンドをちりばめた贅沢品

ランボルギーニ・ウルスに、あなたはいくらまでお金をかけますか?ベースフォルムのウルスは手頃な価格とは程遠いですが、高価なオプションを追加することでその存在感と機能性を増幅させる方法があります。 ランボルギーニ・ウルスのベース車両は、新車で20万ドルをはるかに超える価格です。オプションを積めば、26万ドル以上の出費を覚悟しなければならない。
ランボルギーニ

ランボルギーニ・ウラカン・テクニカ、STOパワーを搭載して初公開

私たちがサファリスタイルのオフロード仕様の次期「Huracan Sterrato」に注目している間に、ランボルギーニはまったく別のもの、サーキット走行可能な2022年型「Huracan Tecnica」をこっそりと公開しました。昨日、数枚の画像といくつかの情報がネット上に流出した際に、我々はそれを簡単に見ることができましたが、今、我々はその全貌とそれに付随する画像のフルセットを手に入れました。
タイトルとURLをコピーしました