ロールスロイス

ロールスロイス

ロールスロイス・ファントム6×6コンバージョン、世界の狂気を証明する

ロールス・ロイスの改造車は数少ないが、それは当然である。その理由のひとつは、ロールス・ロイスがすでに顧客に対して、自分の車を本当にユニークなものにするためのオーダーメイドのオプションを提供しているからです。
ロールスロイス

ロールス・ロイス、オーダーメイドの “Great British “を含む新型ファントム・シリーズIIを公開

ロールス・ロイスは、フランスのリビエラで開催されたフラッグシップモデル「ファントム・シリーズII」のメディア向け発表会「ファントム・ランデブー」で撮影した写真を新たに公開しました。この新しい写真では、ワンオフのGreat British Phantomを含む、Phantomのさまざまなトリムオプションとコンビネーションを詳しく見ることができます。
ロールスロイス

ロールスロイスのボートテイル第2弾、パールをイメージした塗装でイタリアに初上陸

このロールス・ロイス ボートテイルが茶色い塗装をしているなんて言わないでください。超高級ブランドであるロールス・ロイスは、この色合いの正式名称を明らかにしていませんが、バイヤーの個人的なコレクションである真珠貝からインスピレーションを得て、いくつかの色合いを組み合わせたものであることは確かです。
ロールスロイス

ロールスロイス・ゴーストに22インチホイールとカーボンファイバーパッケージをブラバスから発売

ロールス・ロイスといえば、ブラバスという名前はまず思い浮かばないだろうが、このチューニング・カンパニーが、最新のゴーストをベースにした新しいプロジェクトを立ち上げた。ノーマル車よりもパワーアップし、よりアグレッシブなスタンスになったスタイリッシュで美しいラグジュアリーセダンの仕上がりに、私たちはポジティブな驚きを感じています。
ロールスロイス

ロールスロイス ファントム フェイスリフト 2023 写真・動画・スペック・情報

初の完全電気自動車であるスペクターと同様に、フェイスリフトされたファントムは2022年末か2023年の前半に正式に発売される見込み。 軽くカモフラージュされたプロトタイプには、フェイスリフトされたファントムの微妙なデザイン変更が隠されています。
ランドローバー

レンジローバーとロールスロイスの豪華な組み合わせは誰も欲しがらない

世界の富裕層の間で、クラシックなレンジローバーはステータスシンボルとされてきましたが、ご存知のように、味はお金では買えません。このちょっと変わったレンジローバーは、英国にあるそうです。
ロールスロイス

ロールスロイス スペクターEV 2023 写真・動画・スペック・情報

ロールス・ロイスは、10年後までに内燃機関を放棄すると宣言しており、数年後にスペクター(Spectre)を発表し電気自動車に移行する予定です。 トレーラーで凍結しているところを目撃されたこのプロトタイプは、レイスに酷似しているかもしれませんが、技術的にはまったく別の車なのです。
ロールスロイス

ロールス・ロイス社、レイスとドーンのオーダーブックを正式に終了

ロールス・ロイスのラインナップで唯一残っていた2ドアモデルは、規制により2021年末に米国での販売を終了した。本日、同CEOは、レイスとドーンのオーダーブックが全市場で終了していることを認めました。しかし、Autocarは、受注残を満たすために、グッドウッドでの生産が2023年初頭まで続けられる可能性を示唆している。
ロールスロイス

ロールスロイス・スピリット・オブ・エクスタシー、EVの未来のためにエアロダイナミックデザインを変更

1911年2月6日。この日、自動車史の中で最も象徴的なボンネットオーナメントが正式に誕生したのです。もちろん、ロールス・ロイスのスピリット・オブ・エクスタシーは、単なるボンネットオーナメントではなく、由緒ある英国ブランドの先進的なエレガンスを体現している。というか、とにかくそんな感じです。そして今、オール電化の未来に向けた新バージョンが登場しました。
ロールスロイス

ロールス・ロイス ファントム オーキッド特別仕様車、ユニークで個性的なデザインに注目

オーダーメイドモデルの製作を得意とする自動車メーカーといえば、ロールス・ロイスだ。英国の高級車メーカーは、顧客にユニークなファントム、ゴースト、カリナンの仕様を依頼するのが大好きで、それがきっかけで、アーティスト、ヘレン・エイミー・マーレイと共同でシンガポールのために制作した、いわゆるファントムオーキッドモデルが誕生したのです。
ロールスロイス

ロールスロイスのゴーストがCGでBaw$$モードに

ロールス・ロイスは昨年、全世界で5,500台あまりを納車しました。これは史上最高の記録であり、英国企業は自分たちが28万ドル以上のセグメントの王であるとさえ主張している。当然ながら、その需要を牽引したのは、彼らのオーダーメイド作品である。カリナンとかファントムとかね。また、"小さな "ゴーストも話題になりはじめた。
ロールスロイス

2022年のヴィラ・デステにロールス・ロイス製ボートテール第2弾が決定

昨年、ロールス・ロイスは、ロールス・ロイス・コーチビルド部門が手作業で製作した特注品、ボート・テールを発表し、復活を遂げました。この車は、無名の裕福な顧客のために2800万ドルで依頼された、これまでで最も高価な新車です。3台しか製造されない...
タイトルとURLをコピーしました