フェラーリ

フェラーリ

ランボルギーニ・ウラカン・ステラートとポルシェ911ダカールのライバルとなるフェラーリSF90を想像してみた

先日、ポルシェ911ダカールやランボルギーニ・フラカン・ステラートが公開され、多くの人が自分の好きなスーパーカーがオフロード仕様になったらどんな風になるのだろうと思い始めているようです。その最新作が、オフロード・スーパーカーの条件をすべて満たしてデジタル・レンダリングされた、このフェラーリ SF90 ストラダーレです。
フェラーリ

1,000馬力超のV6ツインターボを搭載した「フェラーリ ビジョン グランツーリスモ」を公開

フェラーリは「ビジョン・グランツーリスモ」の流れに乗り、架空のクルマを発表しました。レトロフューチャーなスタイリングは、1960年代から1970年代にかけてのフェラーリのレーシングカー、330 P3や512 Sをモチーフにしています。
フェラーリ

元フェラーリ・デザイナーが語る「プロサングエ」の魅力

自動車デザインの領域で、フランク・スティーブンソンに勝る人はいない。少なくとも、他人の作品について語るという点では。彼のYouTubeチャンネルに掲載されるデザイン評論は、新車に関する貴重な洞察を与えてくれるので、私たちは(そしておそらく皆さんの中にも)購読ボタンを押して彼をフォローするのに十分です。
フェラーリ

296GTBを忘れさせる、フェラーリ288GTOオマージュの非公式レンダリング

この物語は、郭志亨が制作した架空のフェラーリ288GTOオマージュのイラストを、フェラーリとは関係なく、またフェラーリが保証するものでもなく、独自に作成したものです。 先代のデザインにオマージュを捧げたクルマが、少しばかり多くなりすぎたという見方がある。
フェラーリ

フェラーリ 499P Le Mans ハイパーカー、V6ツインターボを搭載して登場

FIA世界耐久選手権(WEC)に参戦するフェラーリの新型ル・マンハイパーカーが、長い間待たされた末に公開された。499P」という名称は、フェラーリが何十年にもわたって使用してきたネーミングに呼応するものです。「499 "は各シリンダーの立方センチメートル単位の容量を、"P "はプロトタイプを表しています。電動化されたマシンの心臓部には、2つのターボチャージャーを備えた3.0リッターV6が搭載されています。
フェラーリ

2023年 フェラーリ・プロサングエ、異なる色で路上で目撃される

フェラーリ初の4ドア量産車は、すでにコンフィギュレーターが稼働しており、24色以上のボディペイントと6種類のホイールデザインから選択することができます。しかし、プロサングエの、いや、他のクルマの場合もそうですが、空想のビジュアライザーで3D解釈するよりも、実際の画像の方が良いのです。
フェラーリ

新型フェラーリV12スーパーカーのフィオラノサーキットでのテスト風景をご覧ください

SUV「プロサングエ」が世に出た今、フェラーリは再び得意とするスーパーカーの開発に戻ってきた。イタリアの私有地フィオラノサーキットで、完全カモフラージュされたプロトタイプが、ローマを模して全開で走る姿が目撃されました。
フェラーリ

フェラーリ812の後継モデル、V12フェラーリ・ローマ・ミュールを開発

フェラーリが再び、工場周辺の公道に「ローマ」のストレッチ版を送り出した。このテストミュールは、ボディワークの下にV12エンジンを隠している可能性がある。 春にテスト走行が目撃されたこのモデルは、現在販売が終了している「812スーパーファスト(GTS、コンペティツィオーネ)」の後継モデルとの噂がある。
フェラーリ

フェラーリ ル・マン ハイパーカー デビューは10月30日と発表

2023年の世界耐久選手権でのデビューに先駆け、フェラーリの名称未定のル・マンハイパーカーが、今月末に公開される予定だ。この新型LMHは、312PBを最後に約50年ぶりにトップクラスの耐久レースに復帰するフェラーリの記念すべきマシンである。7月からフィオラノでテストを開始し、ムジェロ、バルセロナ、イモラ、ポルティマオと、重要なサーキットを回ってきた。
フェラーリ

フェラーリ初のSUV プロサングエ Purosangue 2022 写真・動画・スペック・情報

フェラーリはSUVを作らないって、何かで読んだような気がしますが、時代の変化なのでしょうね。 ランボルギーニのウルスもインパクトがあっただけに、フェラーリはどんなデザインになるのでしょうか。
フェラーリ

ロンドンで目撃されたワンオフのフェラーリ エンツォ ロッソ ルビーノ

イタリアン・ブランドの数十年にわたる歴史の中には、特別なフェラーリも数多く存在します。その中でも、創業者の名を冠したエンツォは、間違いなく特別な存在である。2000年代初頭、自然吸気V12エンジン、カーボンファイバー製ボディ、そしてF1技術によって人気を博した。
フェラーリ

新型フェラーリSP51は、812GTSをベースとしたワンオフのロードスター

マラネロの最新ワンオフモデル、フェラーリSP51は、フロントエンジン搭載の812GTSのスペシャルロードスターバージョンです。 フェラーリのスペシャルプロジェクト部門とフェラーリのデザインボス、フラビオ・マンゾーニが台湾の顧客のために製作したSP51は、812の基本プロポーションを踏襲しつつ、ホイールとヘッドライトを特注し、よりソフトで流れるようなボディワークでレトロ感を漂わせた一台だ。
タイトルとURLをコピーしました