ルノー

アルピーヌ

ルノー、アルピーヌが2つの大型EVを搭載して米国に登場する可能性があると発表

念のためお伝えしておきますが、アルピーヌは今後数年のうちに純粋な電気自動車メーカーへと変貌を遂げる予定です。上のティーザー画像にあるように、ルノーのパフォーマンス・サブブランドは、"ドリーム・ガレージ "の一環として、すでに3台のEVを発表しています。
ルノー

ルノー・オーストラルのストレッチモデル、エスパスの後継モデルとして再び登場

ルノー・オーストラルは、カジャールの後継モデルとしてパリモーターショーで一般公開されたが、フランス企業はエスパスを間接的に置き換えるために、SUVの別のバリエーションも開発中である。この「グランドオーストラル」のプロトタイプが、ドイツでスパイカメラマンによって撮影され、そのストレッチされたボディがよく見えるようになりました。
ルノー

2022年 ルノー・オーストラルのSUV、カジャールの後継車としてパリで初公開

ルノーのカジャーに代わる電動化SUVであるアウストラルは、ルノーのライン全体に展開されると思われるスポーティな新トリムレベル「エスプリ アルパイン」をデビューさせたことで注目される。
ルノー

2025年の電動クロスオーバーを予感させる「ルノー 4EVER トロフィー コンセプト」を公開

ルノー5が、将来の生産モデルを予告するための電気コンセプトとして、思いがけず戻ってきたのは、2021年1月のことだった。早いもので今日、フランスのブランドは、もうひとつのロングラン・ネームプレートの復活を発表しています。
ルノー

ルノー、ボルボ・ジーリーベースのハイブリッドSUVを韓国で生産すると発表

ルノーと吉利汽車のパートナーシップから生まれた最初のルノー・モデルが、2024年の発売に向けて予告されています。 ルノー韓国モータース(RKM)が、韓国で製造し、国内および海外市場で販売する予定です。
ルノー

ルノー メガーヌRS、来年生産終了へ

メガーヌE-Techにより、ルノーは現在、非常に高性能な電気ハッチバックを世界の一部の市場で販売している。フランスの会社は、同じような名前の燃焼式ホットハッチ、メガーヌRSも販売しているが、今から約1年後に販売終了となるようだ。そして、それは単なる噂ではなく、ルノーの幹部から確認が取れている。
ルノー

10月17日のデビューに先駆け、「ルノー4 コンセプト」の予告を公開

ルノーは、最も人気のあるクルマのひとつである「4」を復活させることで、高齢者に敬意を表しています。シトロエン2CVの対抗馬として開発されたこのエコノミーハッチバックは、4Lとも呼ばれ、1960年代初頭から1990年代半ばまで生産されました。世界10カ所以上の工場で、800万台以上が組み立てられた。
ルノー

2024年 ルノー シーニック E-Techが登場し、実用性の王座を奪還する

SUVの世界的な覇権により、コンパクトMPVは市場からほぼ消滅したが、新型シーニックへの期待が薄れつつあったとき、ルノーはその間違いを証明してくれた。2024年に登場する市販モデルの予告として昨年春に発表された「シーニック ビジョン コンセプト」は、かつての人気車種に新しい息吹を吹き込んだのである。
ルノー

ルノーR5ターボ3Eコンセプト、375馬力の電気駆動FRホットハッチとしてデビュー

ルノー5ターボとターボ2に続いて、ダイヤモンドのロゴを持つ会社は、避けられない電気自動車時代に向けてホットハッチを改良しています。ポルシェ「テイカン」のように、燃焼エンジンを持たない車には「ターボ」の名前が付き、ここではその系譜の3番目で、電気ドライブトレインを搭載することを示す「3E」が続いています。
ルノー

ルノー、航続距離149マイルの電気自動車「トラフィックバンE-Tech」を発表

小型商用車の分野でも電動化の流れは急速に広がっており、EV専用のバンを発表する自動車メーカーが増えています。最新の例はルノーで、E-Tech商用車シリーズに新たなメンバーとして、生産可能なトラフィック・バンE-Tech Electricを追加しました。
ルノー

巨大なリアウイングを持つ新型「ルノー5」コンセプトを公開

ルノーは昨年1月、同名の市販車を予告するコンセプトを発表し、5モデルを復活させた。この電気自動車はコンセプトというよりプロトタイプと表現されましたが、今回、フランスの自動車メーカーは同じ車の新バージョンを準備しました。今月末のパリモーターショーで発表される予定ですが、最初のティーザー画像が公開されました。
ルノー

クリオのボディに隠された未来の電気自動車「ルノー5」のスパイ写真が公開

ルノーが新型EV「5」を発表して1年以上が経ちますが、その到着はまだ先です。新しいスパイ写真は、テストに出た初期の開発プロトタイプを捕らえ、初めて新車を披露した. しかし、この車両は開発初期であるため、ルノーはクリオのボディの下に隠し、次期車の姿をほとんど明らかにしていません。
タイトルとURLをコピーしました